宮古島が一番暑いのは6月~梅雨の暑さは真夏以上に不快~

宮古島移住5年のshimagurashiです。

南国、常夏のイメージがある宮古島。一番暑いと感じるのは、実は6月です。

本土の夏は7月、8月が暑く、9月の残暑も厳しいです。

宮古島では真夏の7月、8月よりも6月が暑く感じます。

5月下旬〜6月下旬まで、宮古島は梅雨の時期です。この時期の最高気温は30度〜32度ぐらい。とにかく湿度が高く、蒸し暑くて不快です。

四方を海に囲まれた宮古島。湿度は年間を通して高く、気象台の観測で湿度99%の表示を見るのも日常的。

特に梅雨の時期はサウナに入っているかのように熱された蒸気が体にまとわりつきます。

晴天時の直射日光はものすごい強さ。宮古島を訪れた方なら皆さん感じていると思いますが、短時間でも肌が焼けるような感覚になります。

この蒸し暑さと日差しの熱さのダブルパンチは宮古島ならでは。沖縄本島に住んでいる方が宮古島に来ると、必ず宮古島の方が暑いと言います。

宮古島は那覇よりも体感温度が2度ほど高いです。宮古島より面積が狭く集落ごと海に囲まれている多良間島は宮古島よりさらに体感温度が高いです。

7月、8月の暑さが6月よりもましに感じる理由は台風です。

台風が宮古島付近を通過すると、通過前に比べて気温が低くなります。

宮古島の夏は暑い日は33度を超えますが、台風通過後は30度ぐらいまで下がります。

宮古島に接近する台風は毎回恐ろしいですが、気温と海水温を下げてくれます。

もうひとつ、宮古の暑さが内地と違うのは、暑い時間帯。内地では最高気温40度に迫る地域もありますが、朝や夕方の気温はそれなりに下がります。

宮古は、晴れている日は朝10時から夕方4時ぐらいまでずーっと同じ暑さがキープされる感じです。太陽頑張りすぎ!とツッコミたくなるほどです。

台風対策で家のほとんどは鉄筋コンクリート造り。屋根が熱されやすく、熱がこもりやすいので、クーラーなしではとてもじゃないですが生きていけません。

私は梅雨が明けると、今年の暑さも折り返しと自分に言い聞かせて頑張っています。

宮古島が一番暑いのは6月。蒸し暑い不快なシーズンを乗り越え、暑さとうまくつきあいながら、宮古島での生活を楽しみたいものです。

移住5年の私の変化 宮古島の夏が嫌いになりました
宮古島のイメージと言えば、夏! 沖縄、離島、青い空、青い海、宮古そば、黒糖アイス、マンゴー、ハイビスカス。 全て、夏がよく似合います。 私の好きな季節は、ダントツで夏でした。 宮古島に移住して5年。自分でも信じられな...