衝撃!昼休みに毎日帰宅する宮古島の人たち

宮古島には他にはない文化があり、宮古島の人には他にはない風習があります。

中でも私が一番衝撃を受けたのは、昼休みの行動。な、な、なんと、ほとんど全ての宮古人は昼休みに一度帰宅し、家で昼食を食べます。

宮古島市役所では正午からの1時間が昼休み。時計の針が正午を回った直後から市役所の建物から次々と職員が出てきます。

裏口からではなく、堂々と正面玄関から、ずらずらと出てきます。市民生活課の窓口の職員は待機していますが、そのほかの部署からは、誰もいなくなり電気が消されるところもあります。

職員の多くは自家用車で自宅に帰り、家族と昼食を共にします。

これが成り立つ理由は、都会に比べて圧倒的に通勤距離が短いこと。宮古島のほとんどの人は自動車通勤で、通勤時間は5分から10分。

宮古島の中でも田舎の伊良部島や城辺などから通勤してきている人もいますが、会社も住宅も「平良(ひらら)」に集中しているので、ほとんどの人の通勤時間はとても短いです。

12時に会社を出て、12時10分に家についてご飯を食べ、12時50分まで家で休み、13時に会社に戻る。これが成り立ってしまいます。

私が宮古島に来る以前に働いていた会社では、私がいたフロアからエレベーターで一階に降り、社員用の駐車場にたどり着くまでに10分かかっていました。宮古島ではお昼休みが始まった10分後にはみんな家にいます。

宮古島は交通量が少ないので、1日を通して渋滞はほとんどありませんが、お昼休み前後は明らかに車の往来が多くなります。

私も、昼休みは毎日帰宅し家で食事するようになりました。慣れてみるとすばらしい風習です。お昼に家族で顔を合わせることができます。

乳児がいれば、生まれたばかりの我が子の顔を昼休みのたびに見ることができます。

育児に追われる子育て世帯は、育児に追われて夫婦の会話がなくなりがち。子供が保育園に行っているお昼休みの時間は、夫婦でゆっくり話せる貴重な時間でもあります。

外食する人も、弁当を買って役所や会社で食べる人もいますが、帰宅する人が圧倒的に多いです。

自宅でお昼を食べることは節約にもつながり、とても有意義な時間です。

家族や子供を大切にする宮古島の人たちらしい、すばらしい風習です。

宮古島にご旅行の際はぜひお昼休みの島の人たちの動きにも注目してみてください。