下地島空港のお土産&食事~新ターミナルはグルメも充実~

2019年3月開業の下地島空港新ターミナル。「空港からリゾートはじまる」がコンセプトのターミナルはお土産や食事も充実しています。

ターミナルのリゾート感を土産物店や食事処がうまく演出していて、空港にいるだけで楽しくなるような居心地のよさがあります。

下地島空港新ターミナルのお土産、食事事情をまとめました。

下地島空港のお土産

下地島空港新ターミナルは、空港全体がオシャレな空間。まるでカフェにいるような居心地のよさで旅行客を迎えてくれます。


宮古空港より一回り小さく、空港自体がコンパクトなので移動も楽。駐車場からチェックインカウンターまでは歩いて1分。保安検査場はチェックインカウンターの目の前。保安検査場の先には、リゾート感満載のラウンジと出発ロビーがあります。

土産物販売店は、チェックインカウンターがあるロビーと、保安検査場通過後のラウンジの2ヶ所にあります。

保安検査場通過後に土産物を買うこともできますが、保安検査場通過前に買った方が、土産物の選択肢は多いです。


チェックインカウンターがあるロビーの土産物店は広く、空間にゆとりを持って作られていて、セレクトショップにいるような感覚で土産物を選べます。

特に泡盛やスイーツが充実しています。


宮古島には7つの泡盛の酒造会社があります。土産物店には各酒造会社の定番商品が揃っています。様々なパッケージの泡盛ボトルがずらりと並ぶレイアウトは、見ているだけで楽しくなってきます。


スイーツはバナナケーキなど宮古島土産の定番商品もあれば、宮古島スイーツコンテストで上位入賞した「宮古島のしあわせマンゴー」など、トレンドを取り入れたお土産も並びます。

パッケージにもこだわって入荷しているのか、宮古島のお土産の中でも、見た目も楽しめるハイセンスなものが充実している印象です。


保安検査場通過後のラウンジの土産物品店は、チェックインカウンターがあるロビーの土産物品店に比べると一回り小さいです。運営会社が同じなので、ロビーで買える土産物の多くは、ラウンジでも購入できます。

ラウンジの土産物店にはジェットスターが下地島空港就航を記念して制作したTシャツなど、下地島空港限定グッズもあります。

下地島空港の食事

下地島空港ターミナルには、チェックインカウンター近くに軽食販売コーナーが、保安検査場通過後のラウンジに「カフェ&バー」と「キッチン」があります。


軽食販売コーナーでは宮古島、伊良部島の特産品を使ったバケットサンド、ソフトクリーム、アイスバーが販売されています。

バケットサンドは「友利さんのカツオなまり節&海ぶどう」「宮古牛ハンバーグ&宮古みそ」など。友利さんは、宮古島で最も多い名字の一つ。メニュー名になっている友利さんは伊良部島で水揚げされるカツオを加工し、なまり節を作っているカツオ工場の人です。


昼食や夕食で利用するなら、保安検査場通過後の「キッチン」がオススメ。宮古そば、伊良部なまり節そば、宮古マンゴーカレー。佐良浜漁港のマグロ南蛮漬け。宮古牛焼肉セット。友利さんのカツオなまり節シーザーサラダなど、宮古島・伊良部島にこだわった食事メニューが提供されています。


レストランではありませんが、ラウンジ全体がイートインコーナーのようになっていて、カウンターで料理を受け取り、ラウンジで食べることができます。


「カフェ&バー」では、泡盛やビール、泡盛のサングリア、オリジナルカクテルなどが提供されています。

「カフェ&バー」を取り囲むように、ラウンジ全体にテーブルとソファーがたくさん配置されています。空間にゆとりがあるので、のんびりと過ごすことができます。


保安検査場とラウンジの間には水辺のスペースもくつろぎの空間です。

リゾート感満載の下地島空港ターミナルを利用するなら、早めに空港に行って、土産物選びや食事を楽しむのもオススメです。

統一感はあるが少し高い

下地島空港ターミナルでお土産や食事を販売しているのは、沖縄UDS。

沖縄UDSは、ここ数年宮古島で次々にホテルを開業している日建ハウジングのグループ企業。沖縄UDSが運営する市街地エリアの「ホテルローカス」にはオシャレな土産物店やレストランがあり、このノウハウが下地島空港でも活かされています。

一つの企業が土産物から食事まで全ての店舗を経営しているので、全体に統一感がありますが、価格競争がない分、お土産も食事も少し高い印象です。

ウインドーショッピングだけでも十分に楽しめるので、お土産の購入や食事は購入した上で空港に来て、欲しくなったものを買い足すぐらいがちょうどいいかもしれません。

まとめ

下地島空港のお土産と食事事情をまとめました。

下地島空港は、ターミナル自体がとてもオシャレな空間です。日本全国を探してもここまで「リゾート」のコンセプトが徹底された空港はありません。

空港滑走路の先にはエメラルドグリーンの海が広がり、離着陸時の風景の美しさは間違いなく日本一です。

宮古島に旅行に来るなら、リゾート感満載でお土産&食事も充実の下地島空港を利用してみてはいかがでしょうか。

下地島空港にLCCがやってくる~どうなる宮古島の未来~
2019年3月、下地島空港に旅客ターミナルが完成し、国内線LCCの定期便や国際線が飛んでいます。 宮古空港と直線距離で16キロしか離れていない下地島空港。 新ターミナルの完成を歓迎する声がある一方で、島内にはLCCや国際線の就航...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...