宮古島の道の駅「あたらす市場」と「ワイドー市場」

宮古島移住5年のshimagurashiです。

宮古島には道の駅のようなスタイルで地元の特産品や農産物が販売されている農産物直売所があります。(道の駅として認可されている施設はありません)

オススメは「あたらす市場」と「ワイドー市場」。地元の農家が生産した南国感満載の野菜や果物がずらりと並びます。

あたらす市場


宮古島の道の駅、1ヶ所目はJAの農産物直売所「あたらす市場」。

「あたらす」は宮古の言葉で「愛おしい」の意味。店内では道の駅スタイルで野菜や果物、加工品などが販売されています。

とうがん、ゴーヤ、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツなど、南国ならではの野菜や果物の取り扱いが多く、見ているだけでも楽しいです。

農家が生産物を持ち込み、農家が値段を決めるスタイルなので、全体的に良心的な価格設定です。

お客さんは地元の人と観光客が半々ぐらい。スーパーより野菜が安いので、地元の人は食材を買いに来ます。観光バスツアーのコースに組み込まれていて、観光バスが入る時間帯は店内が観光客で溢れます。


6月~8月のマンゴーの出荷時期時にはマンゴーの特設売り場が設けられ、箱詰めの贈答用マンゴーやパック入りの家庭用マンゴーが販売されます。

スーパーに出回ることが少ない宮古牛の販売コーナーもあります。ステーキ用の宮古牛が人気です。

最近では宮古味噌やもずく、黒糖など、加工品も人気。お土産屋で買うより安く手に入ります。

毎年4月10日のトウガンの日、5月8日のゴーヤの日にはキャンペーンイベントが行われます。トウガン、ゴーヤが破格で販売されます。トウガンは1玉100円、ゴーヤは1袋50円と赤字覚悟の大サービスです。

宮古空港に近い場所にあるので、旅の帰りにお土産を探しに立ち寄るのもありです。


「あたらす市場」
【住所】宮古島市平良下里1442-1
【電話】0980-72-2972
【駐車場】あり(30台)
【定休日】なし
【営業時間】午前9時~午後7時

ワイドー市場


宮古島の道の駅2ヶ所目は、地元の人が経営する農産物直売所「ワイドー市場」。

イオンタウン宮古南ショッピングセンター内にあり、あたらす市場に比べると店舗の敷地は半分ぐらいです。

「ワイドー」は宮古の言葉で「がんばれ」の意味。店内には道の駅スタイルで野菜や果物、加工品が陳列されています。


パルダマ、なんこう、ゴーヤ、インゲン、トウガンなど、南国宮古島ならではの農産物を多く販売しています。スイカやマンゴーなど旬の野菜、果物も集まってきます。

あたらす市場同様、農家が値段を決めるスタイルなので価格も良心的です。

毎年6月、7月、8月のマンゴーの時期には、マンゴーの特設売り場が設けられます。ワイドー市場では傷ついたり色づきが悪かったりする訳ありマンゴーが破格で販売されています。

島内の市場、スーパー、土産物店のマンゴーの価格調査をしたところ一番安いのはワイドー市場でした。調査した4店舗の価格はこちらの記事にまとめました。

宮古島でマンゴーが安いのはココ!定番&穴場の4店舗を価格調査
宮古島に移住して5年のshimagurashiです。 宮古島の夏の味覚と言えばマンゴー。南国の太陽をたっぷり浴びて育った宮古島のマンゴーには甘味がぎっしりと詰まっています。 どうせ買うなら、安くておいしいマンゴーを手に入れたいと...

あたらす市場に比べ、観光客は少ないです。お客さんの大半は食材を買いに来る地元の人たちです。

最近では口コミで噂が広がり、安さとローカル感を求めて観光客もちらほら来ます。

ワイドー市場は「きちんと整備された道の駅」というよりは「昔ながらの市場」という雰囲気。ローカル感を求めるなら魅力的なスポットです。


「ワイドー市場」
【住所】平良字松原638-1
【電話】0980-72-7684
【駐車場】あり(ショッピングセンター内)
【定休日】なし
【営業時間】午前9時~午後7時

島の駅みやこ


宮古島に道の駅はありませんが、島の駅はあります。道の駅に行きたい観光客の多くは島の駅に流れますが、島の駅は農産物直売所ではなく、土産物店です。

「島の駅みやこ」は宮古島の名産「雪塩」を製造するパラダイスプランが経営する土産物店。自社製品をメインに多くの土産物を取り扱っています。

農産物の販売もありますが、あたらす市場やワイドー市場に比べると割高。特にマンゴーは高く、地元の人には手が出ません。


宮古島のガイドブックに大々的に広告を出していて、お客さんの大半は観光客。お土産の品ぞろえは充実していますが「道の駅」の雰囲気を求めて行くとガッカリすることになります。

地元の人はあまり行きませんが、店内のパン屋さんがおいしいと評判。惣菜のから揚げもおいしいです。地元の人はパンや弁当目的で来店します。野菜や果物は買いません。

宮古島ではほとんど出回らない地元産のメロンやイチゴを販売していて、宮古島の新しい特産品の開発にも積極的です。

店の外には軽食のイートインスペースがあり、宮古そばや宮古島の海産物を食べられます。


「島の駅みやこ」
【住所】宮古島市平良字久貝870-1
【電話】0980-79-5151
【駐車場】あり(30台)
【定休日】なし
【営業時間】午前9時~午後7時(夏季は午後8時まで)

まとめ

宮古島に道の駅はありませんが、道の駅のような農産物直売所はあります。

オススメは「あたらす市場」と「ワイドー市場」。どちらも宮古空港から近い場所にあるので、旅の最後に立ち寄るスポットとしてもオススメです。

宮古島に旅するなら、農産物直売所で野菜や果物を買って南国のローカルな味を楽しみましょう。

宮古島でサトウキビ丸かじり「オルタナティブファーム宮古」かそのへんの畑
宮古島を飛行機から見るとサトウキビ畑がいっぱい。島はサトウキビの緑色と土の赤茶色に見えます。 せっかく宮古島に来たならサトウキビ刈り体験やサトウキビの丸かじりもしたいところ。 様々な観光メニューがある宮古島ですが、サトウキビの観...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...