宮古島で青の洞窟に感動~シュノーケルツアーの選び方~

宮古島移住5年のshimagurashiです。

宮古島の定番シュノーケルスポットといえば、伊良部島の青の洞窟。

断崖絶壁のがけ下にある青の洞窟は、宮古島在住の私でも気軽には行けない場所。

シュノーケルツアーに参加して初めて青の洞窟に行った時の感動は今でも忘れられません。

青の洞窟の魅力と、青の洞窟のシュノーケルツアー、ダイビングツアーの選び方をまとめました。

青の洞窟とは

青の洞窟は伊良部島の東海岸、断崖絶壁のがけ下にあるシュノーケルスポット。

崖の高さは70メートル。最寄りの港から5キロの距離。シュノーケルツアーに参加しないと行けません。

船で青の洞窟周辺に到着すると、ライフジャケット、シュノーケリングを着用して海に入ります。ガイドの案内で1人ずつ青の洞窟の内部へと入っていきます。

洞窟内では魚の群れが泳いでいます。晴れた日には太陽の光に照らされて、洞窟内の魚たちがキラキラ輝いて見え、とてもきれいです。

ある程度洞窟に入ったところで後ろを振り返ると、洞窟の入り口部分が太陽の光で青く輝きます。これが青の洞窟の名前の由来です。

宮古島のシュノーケルスポットはほとんど回りましたが、船でしか行けない青の洞窟の美しさは格別。

洞窟の中に入るには少し勇気がいりますが、一度中に入ると幻想的な世界が広がっています。大自然の神秘を感じる異空間です。

青の洞窟ツアーに参加すると、水中カメラでたくさん写真を撮りたくなりますが、カメラのことは2の次にして、この神秘の空間を目と心に焼き付けることです。

私が初めて青の洞窟に入ったのは5年前ですが、あの感動は今でも忘れられません。

ツアーの選び方

宮古島には多くのマリンレジャー業者がありますが、全ての業者が青の洞窟ツアーを実施しているわけではありません。宮古島在住の私が確認できているのは5ヶ所ぐらいです。

私の実体験や島内での評判を参考に、青の洞窟ツアーを選ぶコツをまとめました。

シュノーケルで十分

青の洞窟ツアーには、シュノーケルツアーとダイビングツアーがありますが「シュノーケルで十分」です。

青の洞窟の奥行きは10メートルもありません。深さも5メートル以下。洞窟内は狭い空間です。

ツアーではガイドに誘導され、1人ずつ洞窟内に入っていきます。洞窟の入り口は1人分ぐらいの広さしかありません。

洞窟内は狭く浅いので、シュノーケリングでもダイビングでも見える景色は変わりません。

シュノーケルならライフジャケットだけなので身軽ですが、ダイビングだと酸素ボトルを背負うので、狭い洞窟内では動きにくいです。

ダイビングスポットを数か所を巡るツアーの途中で立ち寄るならアリですが、青の洞窟だけが目的なら、シュノーケルツアーで十分です。

伊良部島発

青の洞窟ツアーに参加するなら、オススメは伊良部島発のツアーです。

伊良部島の佐良浜港から青の洞窟までは船で10分ほどです。宮古島の港からだと倍以上時間がかかります。往復30分はロスします。

貴重なツアー時間を移動に使うのはもったいないです。移動時間が短ければ船酔いのリスクも減ります。

島人ガイド

観光客が急増している宮古島では、移住者によるマリンレジャー業者の新規開店が目立ちます。

移住者の私が言うのもおかしな話ですが、地元出身者が船長のツアーがオススメです。

移住者でも長年宮古島の海で仕事をしている人は信頼できますが、業者の中にはお金儲けのことしか考えていないのか?と言いたくなるようなところもあります。

サンゴを平気で踏みつけ、折っている業者も目立ちます。

ガイド歴の長い地元出身の船長は宮古島の海に精通しています。

干潮、満潮、その日の波の高さ、潮の流れを計算して、船を止める位置を決めます。ツアー参加者の体力や泳力に目を配り、安全第一で青の洞窟を楽しませてくれます。

宮古島、伊良部島の人たちは根が優しいです。利益を出すことよりもツアー参加者に喜んでもらえることを第一に考えている人が多いです。

イラブルーツアズ

私の青の洞窟初体験は「イラブルーツアーズ」のシュノーケルツアーでした。私のイチオシツアーは「イラブルーツアーズ」です。

伊良部島の佐良浜発着。島人ガイドが丁寧に案内してくれます。

ツアー参加者の泳力に合わせて、参加者それぞれのペースでシュノーケルを楽しませてくれました。

青の洞窟内でもゆっくりと写真撮影の時間をとってくれました。

友達に青の洞窟ツアーのオススメを聞かれれば、イチオシはイラブルーツアーズと答えます。

イラブルーツアーズの青の洞窟ツアーはネット予約に対応しています。

イラブルーツアーの予約ページへ(アソビュー)

イラブルーツアーズの予約ページへ(ベルトラ)

その他のツアー

青の洞窟ツアーを実施している、その他のツアーを紹介します。船長のキャラクターによってツアーの雰囲気は変わります。自分にあいそうなツアーを探してみてださい。

ズミヤー

伊良部島の佐良浜港発着の青の洞窟シュノーケリングツアーを実施している「ズミヤー」。

船長は地元出身で漁師経験も豊富。宮古島、伊良部島の海を知り尽くしています。

青の洞窟シュノーケルツアーをメインに、サンゴ畑のシュノーケルやシーカヤックのメニューもあります。

「海の男」にガイドされたいなら「ズミヤー」がオススメです。

ズミヤーの予約ページへ(アソビュー)

エコガイドカフェ

自然に優しく宮古島の海を楽しむのがコンセプトの「エコガイドカフェ」。ガイド経験豊富な移住者が代表です。

伊良部島の佐良浜港発の青の洞窟シュノーケルツアー、青の洞窟体験ダイビングなどのメニューがあります。

大型船で揺れが少ないので船酔いが心配な人も安心です。

自然に優しく宮古島の海を楽しみたいなら「エコガイドカフェ」がイチオシです。

エコガイドカフェの予約ページへ(ベルトラ)

ガイド屋さん

少人数貸し切り&専属ガイドが売りの「ガイド屋さん」

4人以上の予約で専属ガイドがつきます。

少人数でボートを貸し切れるので、待ち時間が短く、ツアーの時間を有効に使えます。

青の洞窟シュノーケリングツアーは伊良部島の佐良浜港発着。

家族や仲間と参加するなら、少人数貸し切り&専属ガイドつきの「ガイド屋」がオススメです。

ガイド屋さんの予約ページへ(アソビュー)

ガイド屋さんの予約ページへ(ベルトラ)

まとめ

宮古島の定番シュノーケルスポット青の洞窟の魅力、シュノーケルツアーの選び方をまとめました。

この記事で紹介したシュノーケルツアーは全て伊良部島の佐良浜港出航。港から船で10分で青の洞窟に到着できる便利なツアーです。

予約サイトの口コミなども参考に自分にあったツアーを探してみてください!

宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...