新型コロナ対策の旅行クーポン|いつから使える?配布方法は?

新型コロナウイルスの感染拡大により、国内の観光地が大きな打撃を受けています。

政府では、旅行業界への経済対策として、新型コロナウイルス感染の収束後、旅行クーポンを配布する「GOTOキャンペーン」の実施が検討されています。

7月22日以降の国内旅行に対し、1泊あたり2万円を上限に旅行代金の半額分が補助されます。

GOTOキャンペーンの旅行クーポンの対象地域、配布方法、使い方についてまとめました。

GOTOキャンペーンとは

①GoToトラベルキャンペーンとは? 
新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた国内旅行を割引し、地域経済の回復を図る国の観光支援策。

②割引額 
1人1泊2万円を上限に、国内旅行が半額分補助される。補助額の7割は旅行代金割引、3割は旅先で使えるクーポン券。(旅行代金割引分は半額の7割分補助なので支払い金額の35%)

③販売方法 
国の認可を受けた旅行会社によって販売される。ネット販売がメイン。旅行会社によっては電話・来店での申し込みも可能。

④いつから? 
2020年7月22日以降の旅行に割引適用。旅行会社ごとに予算が配分される。予算分を完売するとキャンペーンは終了。

詳しくはこちら(観光庁公式資料)

GoToトラベルキャンペーン予約サイト

GOTOキャンペーンが使える主な旅行サイトと、特設ページへのリンクです。

各サイトで先行予約受付中。7月26日までの申込は後日還付請求手続きが必要です。

【国内ツアー】
JTBHIS近畿日本ツーリスト日本旅行

【JAL便+宿泊】
JALパックJ-TRIP

【ANA便+宿泊】
ANAトラベラーズスカイツアーズ

【宿泊のみ】
楽天トラベルじゃらんYahoo!トラベル一休

GOTOキャンペーンは予約サイトごとに予算が決まっていて、完売次第終了です。

沖縄など人気の旅行先では、キャンペーン開始後すぐに完売する可能性があります。

未完売のサイトを見つけるのがGOTOキャンペーン攻略のポイントです。

対象地域は?いつから使えるの?

新型コロナウイルスによる国内の観光地は軒並み影響を受けています。GOTOキャンペーンの対象は全都道府県です。

7月22日以降の国内旅行に対し、1泊あたり2万円を上限に半額が補助されます。

7月22日以降出発であれば、7月22日までに予約しても割引を受けられます。後日割引分が返金されます。

実質的に予約受付は既にスタートしていることになるので、人気の観光地は早めの予約がおすすめです。

コロナ対策旅行クーポンへの賛否

新型コロナウイルス収束後に、政府が旅行クーポンを配布することについて国民からは賛否の声が上がっています。

「観光地に活気が戻るきっかけになる」「政府が旅行クーポンを発行することで安心して旅行に行ける」などの好意的な意見。

「政府が旅行を推奨したら再び新型コロナウイルスが流行するのではないか」「旅行業者だけを支援するのは不公平」などの否定的な意見。

賛否両論です。

旅行愛好家にとっては安く旅行できるのはありがたいこと。

新型コロナウイルス感染拡大により、海外旅行だけでなく国内旅行をキャンセルした人も多くいます。

どうせ旅行に行くなら安く行きたいと考えるのは当然のこと。政府が集中的に予算を投入する旅行クーポンの配布期間は大きな狙い目です。

観光地の声

全国の観光地は旅行クーポン配布をきっかけに、人が戻ることを期待しています。

JTBや日本旅行、楽天トラベルなどのツアーサイト・宿泊予約サイトは旅行クーポンの恩恵を直接受けることができます。

旅先に人が戻ることで、観光地の飲食店や土産物店は間接的に恩恵を受けます。

新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の観光地が大きな打撃を受けました。

航空業界、鉄道業界、高速バス、レンタカー、宿泊施設、飲食店、土産物店。悪影響を受けた事業者を上げればきりがありません。

コロナショックで倒産した旅館やレンタカーショップもあります。

全国の観光地は旅行クーポンの配布を歓迎しています。

新型コロナウイルスが1日でも早く収束し、収束後多くの観光客が戻ってくることを期待しています。

まとめ

新型コロナウイルス収束後の経済対策として、旅行クーポンの配布が検討されています。

7月22日以降の国内旅行に対し、1泊あたり2万円を上限に半額が補助されます。

旅行クーポンの配布は期間限定、先着順なので、最新情報を見逃さないことが必要です。

1日も早い新型コロナウイルスの収束と、自由に旅行に行ける世界が戻ってくることを心から願っています。

宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...