【宮古島】6月から観光客受け入れ再開〜旅行自粛要請解除〜

宮古島在住のshimagurashiです。

新型コロナウイルスが収束に向かっていることから、宮古島旅行が解禁されます。

宮古島市は旅行自粛を要請して来ましたが、観光客受け入れに大きく舵をきります。

旅行者は安心して宮古島に行けるのか?島の雰囲気はどんな感じか、まとめました。

宮古島旅行についての公式コメント

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されてから、宮古島市は旅行者に宮古島に来ないよう要請してきました。

【4月6日、宮古島市長コメント】

島外からの宮古島への旅行等については、極力自粛又は延期してください

宮古島市ご出身の方、又は縁故者で感染が発生している地域に在住している方の帰省は、自粛又は延期してください

どうか島の実状をご理解、ご協力いただきたいと思います。

新型コロナウイルス感染症が終息し、気兼ねなく旅行等ができるようになった際には、島を挙げて大歓迎いたします。

市としても、一日も早い終息に向け取り組んでいます

【5月12日 宮古島市長コメント】

これまでも繰り返してきましたが、離島の宮古島市では医療体制が脆弱でひとたび感染が発生すると住民の生活に多大な影響を与え、再び事業・経済活動を制限しなければならなくなります。

これらの状況を踏まえ、学校を再開し事業活動等の休業要請を緩和しますが、観光等島外からの来島及び住民の島外への渡航については、感染を持ち込むリスクが大きいため当面の間引き続き自粛をお願いします。

5月22日宮古島市長コメント

沖縄県においては、県内における新型コロナウイルスの感染状況が比較的落ち着きを見せているとして、県民の皆様への活動自粛要請等を5月20日で終了したところです。

宮古島市においても、医療関係者の皆様や市民の皆様及び事業者の皆様の取組によって感染者の発生が無いこと等を踏まえ沖縄県の方針を基本に活動 自粛要請の緩和を行って来ました。

一方で、感染のリスクが完全には払拭できないことから、島外からの観光 客の来島や帰省等については、自粛をお願いしてきたところです。

しかしながら、国内においては、新たな感染者の発生が減少傾向にあり緊 急事態宣言に基づく特定警戒都道府県が縮小されたこと、県が離島への渡航 については離島市町村の意向を踏まえて判断するとしたこと、宮古島市にお いてはこれまで感染者が発生していないこと等から、島外・島内からの渡航 の自粛の緩和については、次のとおり行うことを決めましたので発表します。

1.県内在住者の来島及び市民の県内への渡航については、本日22日から 自粛を緩和します。

2.県外からの渡航については、沖縄県が来県自粛要請を5月31日までと している事から、緊急事態宣言で指定された特定警戒都道府県以外の地域 からの来島自粛要請は引き続き5月31日までとし、6月1日以降緩和し ます。

3.特定警戒都道府県のからの渡航については、6月1日以降も当分の間自粛をお願いします。

なお、6 月 1 日前に緊急事態宣言が解除され特定警戒都道府県の指定が 解除された場合は、沖縄県の方針を勘案しながら渡航自粛要請も緩和します。

4.また、イベントの開催については、これまで自粛をお願いしてきましたが、沖縄県が主催するイベントについて、イベント等実施ガイドラインを 発表していますので、宮古島市内におけるイベントについても、県のガイ ドラインに準じた形での開催をお願いします。

なお、国内においては、特定警戒都道府県も縮小され感染状況も落ち着きを見せていますが、新型コロナウィルスの感染リスクが完全に無くなったわ けではなく、今後、第2波、第3波の到来により再び感染が広がる可能性も 危惧されています。

市民の皆様や事業者の皆様には、これまで取り組んできた感染予防対策を 緩めることなく、咳エチケットや手指洗いの徹底、3密の回避等沖縄県の感 染拡大防止対策のガイドラインや「新しい生活様式」に準じた対策を講じて いただきますようお願いします。

自粛要請緩和へ

宮古島市長は4月6日には強いトーンで旅行自粛を呼びかけました。

5月12日には、学校再開を発表する一方で、旅行自粛要請は継続しました。

宮古島では5月18日に小中学校、21日に高校が再開。

5月22日、宮古島市長が旅行自粛の緩和を発表しました。

旅行自粛の緩和は、全国の自治体の中では異例の速さです。

国は緊急事態宣言解除後も、5月末まで県をまたいだ移動はしないよう呼びかけています。

沖縄県は5月末まで旅行自粛を呼びかけています。

6月以降の沖縄旅行について、国や県からのコメントはありません。

宮古島市はフライングぎみに観光客受け入れ再開を表明しました。

沖縄県では142人の新型コロナ感染者が出ました。5月に入ってからは新規感染者はいません

離島では石垣島で4人の感染が確認されました。宮古島はコロナゼロをキープしています。

島の経済

飛行機、バス、タクシー、レンタカー、ホテル、民宿、ゲストハウス、飲食店、居酒屋、マリンレジャー業。

宮古島の観光業はコロナで大きな打撃を受けました。

宮古島の観光は冬がオフシーズン。

春休み頃から観光客が増え、ゴールデンウイークに1回目のピーク、夏休みに2回目のピークを迎えます。

春休みからゴールデンウイークの貴重な時期を失った観光業者は「夏まで続いたら大変なことになる」と危機感を持っています。

宮古島市のフライングぎみの観光客受け入れ再開表明は、島の観光業者の悲鳴を受けてのものです。

コロナショックで宮古島への飛行機の便数は半数以下に減りました。

本土からの直行便は全て運休しています。

6月以降、飛行機の運休解除とともに、少しずつ宮古島に観光客が戻りそうです。

島の雰囲気

ゴールデンウイークまでは、「宮古島に来ないで」の声が島を支配していました。

観光客は非国民のような冷たい視線で見られていました。

5月18日に小中学校が再開してから、島の空気が変わりました。

小さな島の空気は、一瞬で入れ替わることがあります。

ゴールデンウイークに閉鎖されていた前浜ビーチや砂山ビーチなどの観光地は自由に出入りできるようになりました。

公園の閉鎖も解除され、遊具で遊ぶ子供たちの姿が戻りました。

島の人たちは3密を避け、マスクをつけ、除菌をして暮らしていますが、島内の人の動きは活発になっています。

地元の人たちは飲食店でのランチや居酒屋での飲み会を少しずつ再開しています。

ホテルやレンタカー会社には観光客からの予約が入り始めています。

スカイツアーズHISでは沖縄旅行の夏の先取りセールも始まっています。

第二波に警戒

離島で医療体制が弱い宮古島。

新型コロナに対応できる病床、人工呼吸器、医師の数は限られています。

新型コロナは日本では収束に向かっていますが、1人でも感染者が出れば、再び「島に来ないで」の声が広がるかもしれません。

観光業者は、宮古島でコロナを出さないため、この2ヶ月間唇を噛み締めて耐えてきました。

休業要請に応じ、ほとんどの居酒屋が店を閉めていました。

コロナゼロをキープしている宮古島ですが、第二波で感染が広がれば、これまでの努力は台無しになります。

宮古島市長は観光客受け入れ再開を表明まかた。

コロナでたまったストレスを発散するには、宮古島はぴったりの場所です。

でも、旅行中はどうか新しい生活様式を守ってください。

宮古島が奇跡のコロナゼロを達成できるかは、1人1人の心がけ次第です。

宮古島のお菓子メーカーを助けてください【コロナショック直撃】
宮古島在住のshimagurashiです。 新型コロナウイルスの感染拡大で宮古島には観光客がほとんど来なくなりました。 ホテル、レンタカー、飲食店、居酒屋、バス、タクシー、マリンレジャー・・・。宮古島の観光業を支えて来た事業所は...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...