宮古島の海水浴場開設状況|2020夏・コロナの影響は?

宮古島在住のshimagurashiです。

コロナ対策で全国の海水浴場の開設中止が次々に決まっています。

宮古島では海水浴場の開設中止はありません。例年通り普通に海水浴を楽しめます。

実は宮古島には海水浴場自体がありません。ビーチは元々無法地帯です。

宮古島の海水浴場

宮古島に自治体が管理する海水浴場はありません。

宮古島東急ホテル&リゾーツが、ホテル前の与那覇前浜の一部に毎年夏、海水浴場を開設します。

シギラセブンマイルズリゾートがリゾートエリア内のシギラビーチに毎年夏、海水浴場を開設します。

その他のビーチは海水浴場ではありません。

与那覇前浜ビーチ、砂山ビーチ、新城海岸、吉野海岸、インギャーマリンガーデン、渡口の浜・・・。

宮古島のビーチには毎年多くの海水浴客が訪れますが、海水浴場の指定はありません。

海水浴場の指定がないので、宮古島のビーチは元から無法地帯です。

無法地帯

神奈川県の茅ヶ崎ビーチは、茅ヶ崎市が毎年夏に海水浴場に指定しています。

茅ヶ崎市が海の家の営業を許可しライフセーバーを配置して海の安全を守っています。

宮古島市が海水浴場に指定しているビーチはありません。ビーチにはライフセーバーがいません。

ビーチでは宮古島市の許可を得ていない業者も普通に営業しています。無許可でパラソルやシュノーケルを貸し出したり、ビールを販売したりしています。

観光客はレンタカーをビーチの駐車場に止め、海水浴を楽しみ、シャワーを浴びて帰っていきます。

海水浴を楽しむだけなら、シャワー代の100円で済みます。海の家のスタッフと会話する必要も、遊泳の注意点を聞く必要もありません。

ビーチで溺れても完全に自己責任です。新城海岸や吉野海岸など、海水浴客が多いビーチでは、誰かが見つけて助けてくれるかもしれませんが、渡口の浜のように海水浴客が少ないビーチでの遊泳は危険です。

観光客にはあまり知られていませんが、宮古島は水難事故が多いです。私が移住してから5年間で27人が亡くなりました。

2020年夏も、宮古島のビーチは海水浴場に指定されないまま、無法地帯が続きます。

今まで通り

コロナ禍の2020年、宮古島のビーチ良くも悪くも今まで通りです。

ビーチが閉鎖されることもなければ、ライフセーバーが配置されてきちんと管理されることもありません。

観光客は今まで通り、自由に海水浴を楽しめます。

全国で海水浴場開設の中止が相次いでいるからと言って、夏に宮古島のビーチを閉鎖すべきと言う人は島にはほとんどいません。

離島の宮古島は、島に入れる観光客の数が限られています。普段からビーチは3密になりません。特に意識しなくても自然にソーシャルディスタンスを保てます。

増加傾向にあった海外からの観光客も、2020年夏はほとんど来ないはずです。

ここ数年、宮古島のビーチはクルーズ船で訪れる中国人・台湾人観光客で溢れる時間帯がありましたが、今年はその心配もありません。

2020年夏、宮古島のビーチではのんびりと海水浴を楽しめます。

ビーチの状況

6月のある日。宮古島のビーチを回ってみました。

与那覇前浜ビーチ


宮古島を代表するビーチ、与那覇前浜。

緊急事態宣言発令中、駐車場・トイレ・シャワー施設が閉鎖されました。現在は普通に使えます。

6月中旬の段階ではまだ観光客はほとんどいません。ビーチにはテントが立てられ、ジェットスキー・バナナボートなどの受付が行われていました。

シギラビーチ


宮古島南海岸のシギラビーチ。

この一帯にリゾートエリアを展開するシギラセブンマイルズリゾートが管理するビーチです。

6月中旬の段階では人の姿はまばら。

ビーチではパラソル・チェアが貸し出され、ビーチハウスでは飲食が提供されています。シュノーケリングの貸し出しも行われていて、手ぶらでも海水浴を楽しめる環境が整っていました。

砂山ビーチ


絶景の宮古ブルーの海を楽しめますが、海水浴には不向きな砂山ビーチ。水難事故が多いビーチです。

まだまだ観光客が少ない宮古島。駐車場はガラガラ。ビーチには人がいません。

ここ数年は中国人が大挙して訪れ、癒しのビーチが騒がしかったですが、今年の夏はいつもより静かな砂山ビーチを楽しめそうです。

渡口の浜


伊良部島のナンバーワンビーチ、渡口の浜。

海水の透明度が高く、海は抜群にきれいですが、海水浴には不向きなビーチです。

駐車場に数台レンタカーが止まっている程度で観光客はほとんどいません。

パイナガマビーチ


市街地エリアにある、宮古島市民憩いのパイナガマビーチ。

ここ数年大挙して訪れていた中国人がいなくなった2020年、「市民憩いのビーチ」が戻ってきました。

毎日、地元の人たちが海水浴を楽しんでいます。市街地に近く、遠浅でハブクラゲ防護ネットもあるので、市民は安心して海水浴を楽しめます。

サンセットの時間帯には観光客にも人気のビーチです。夏は夕方にクールダウンで海に入る人も多いです。

セール情報

宮古島市は6月から観光客受け入れを再開しました。旅行会社の宮古島ツアーの中には例年より安いものも目立ちます。

特に安いのがANAの関連会社「スカイツアーズ」の飛行機+宿泊ツアー。

東京・大阪・名古屋からANA便利用、2泊3日の宮古島旅行が6月は3万円台~、7月は4万円台~。

各サイトを見比べましたが、スカイツアーズが断トツで安いです。

スカイツアーズの予約ページへ

まとめ

2020年夏、宮古島では普通に海水浴を楽しめます。

宮古島には元々海水浴場がないので、開設中止という発想がありません。

ライフセーバーのいない海での海水浴は完全に自己責任。安全を十分に確保して、宮古島の海を思う存分楽しんでください。

宮古島の水難事故が多いビーチ|島民が近づかない危険な場所
宮古島では毎年水難事故が発生し、死者が出ています。水難事故の死者のほとんどは観光客。 シュノーケリング中の事故や台風通過後の水難事故が多いです。 宮古島の水難事故が多いビーチ、地元の人が近づかない危険な場所をまとめました。 ...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...