【コロナ】飛行機のキャンセル料まとめ|航空各社の国内線対応を徹底比較

コロナが収束するまでは、飛行機のキャンセル料が気になります。

緊急事態宣言発令中は、大半の航空会社がキャンセル料なしで予約取り消しを受け付けていました。7月以降は航空会社によって差が出ています。

JAL、ANA、スカイマーク、ソラシドエア、ジェットスター、ピーチの国内線キャンセル料。国内ツアー旅行各社の対応を比較しました。

情報は7月5日時点です。

JAL

期間限定で取り消し手数料無料

2020年7月4日~10月24日搭乗分の運賃を、9月30日までに新規で購入すると、取り消し手数料が無料になります。

ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引A・B、特便割引1・3・7・21、乗り継ぎ割引7・28などほぼ全てのプランが対象。

払い戻し手数料440円のみで飛行機をキャンセルできます。出発直前でもキャンセルにかかる費用は440円のみ。

コロナで先行きが不透明な状況の中、旅行直前でも高額なキャンセル料を支払わずに予定を変更できるのは利用者にはかなりありがたいです。

JAL公式サイトへ

ANA

変更手数料無料キャンペーン

2020年7月1日~9月30日搭乗分の対象運賃を新規で購入すると、最大355日先の便への変更(区間変更含む)を、手数料(取消手数料・払戻手数料)無料で受け付けています。

バリュー1 バリュー3 スーパーバリュー21・28・45・75・SALEなど、ほぼ全ての運賃が対象。

便の変更によって運賃が下がる場合は、差額の返金があります。

手数料なしで便の振り替えができるので、コロナの第2波、第3波が来ても安心です。

ANA公式サイトへ

スカイマーク

通常通り

スカイマークではコロナ対策で6月までは取消手数料・払戻手数料無料でキャンセルを受けつけていました。7月以降は通常通りの対応に戻っています。

運賃が安い分、JAL・ANAに比べると高額のキャンセル料がかかります。

スカイマーク公式サイトへ

ソラシドエア

通常通り(一部キャンペーンあり)

7月以降は通常通りの取消手数料・払戻手数料がかかります。

九州・沖縄応援キャンペーンでは取消手数料が大幅に割引されています。

【九州・沖縄応援キャンペーン】

2020年8月24日~10月24日搭乗分を7月13日までにソラシドスペシャル運賃で購入すると、搭乗8日前まで取消手数料が1000円に割引されます。

例えば宮崎―沖縄線を9900円で購入し、出発8日前にキャンセルした場合、通常では7000円以上のキャンセル料がかかりますが、キャンペーン期間中の予約なら1000円でキャンセルできます。

コロナの第2波・第3波による急な予定変更にも柔軟に対応できる、利用者に優しいキャンペーンです。

キャンペーン期間中は、九州・沖縄便以外も同様の対応です。

運賃が安いうえに、キャンセル料も大幅に割引されているので、キャンペーン期間中に旅行するならかなりオススメです。

ソラシドエア公式サイトへ

ジェットスター

通常通り

7月以降のキャンセル料は通常通りです。コロナ対策の割引はありません。

キャンセル料はJAL、ANAより割高です。払い戻し不可のプランもあるので要注意。

ジェットスター公式サイトへ

ピーチ

通常通り

7月以降のキャンセル料は通常通りです。コロナ対策の割引はありません。

キャンセル料はJAL、ANAより割高です。払い戻し不可のプランもあるので要注意。

ピーチ公式サイトへ

国内ツアー

国内ツアー旅行各社が販売する、飛行機と宿泊がセットになったプランの中には、キャンセル料がかからないものもあり、コロナに柔軟に対応できます。

大手旅行会社ほど利用者に優しいキャンセル料が設定されている傾向です。

JTB

JTBでは出発21日前までは基本的にキャンセル料がかかかりません。

詳細はプランによって異なります。詳しくは予約画面でご確認ください。

JTBの公式ページへ

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストでは出発21日前までは基本的にキャンセル料がかかかりません。

詳細はプランによって異なります。詳しくは予約画面でご確認ください。

近畿日本ツーリスト公式ページへ

HIS

HISは国内ツアー旅行に独自のキャンセル料規定を設けています。

キャンセル料はプランにより異なります。

出発21日前までキャンセル料無料のプランもありますが、プランによっては1人あたりキャンセル料が3300円かかります。(手配料金・取消手続き料金の合計)

詳細は予約画面の「HIS旅行条件書」でご確認ください。

HISの公式ページへ

JALパック

JALが運営する「JALパック」。JAL便と宿泊をセットで安値販売しています。

出発21日前までは基本的にキャンセル料がかかかりません。

詳しくは予約画面でご確認ください。

JALパックの公式ページへ

スカイツアーズ

ANAの関連会社が運営する「スカイツアーズ」。ANA便と宿泊をセットで安値販売しています。

「価格変動型」「価格固定型」商品をメインに沖縄旅行に強い国内ツアー会社です。

「価格固定型」は出発21日前までキャンセル料がかかりません。

詳しくは予約画面でご確認ください。

スカイツアーズの公式ページへ

まとめ

コロナが収束するまでは、飛行機のキャンセル料が気になります。

JALは取消手数料無料、ANAは他便への無料振替、ソラシドエアはキャンセル料割引キャンペーンを実施しています。

JTB、JALパック、スカイツアーズ(価格固定型)で、飛行機と宿泊をセット予約すれば、出発21日前までは基本的にキャンセル料はかかりません。

皆様の旅の参考になれば幸いです。

【GoToトラベルキャンペーン攻略】販売方法・予約サイトまとめ
新型コロナウイルスで大打撃を受けた観光業を支援するため、「GoToトラベルキャンペーン」が始まりました。 1泊あたり2万円を上限に、国内旅行が半額分補助される大注目のキャンペーン。2020年に旅行するなら、GoToトラベルキャンペーン...
宮古島と石垣島どっちがいい?島暮らしの私が徹底比較
宮古島に移住して5年のshimagurashiです。 宮古島と石垣島は沖縄の離島の中でもダントツの人気を誇ります。 宮古島と石垣島どっちがいいか。旅の目的が明確ならば実は答えはすぐに出ます。 海のきれいさ、ドライブ風景、離...