新型肺炎に飛行機で感染しないための予防方法

新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に流行しています。

国内でも次々に感染者が確認されていて、新型肺炎感染のリスクがどこに潜んでいるかはわかりません。

長時間密室状態になる飛行機の機内は感染症をうつされるリスクが高い場所。

新型肺炎に感染しないために、飛行機での移動時の注意点・予防法をまとめました、

空港での注意点

空港は世界中から人が集まる場所。

国際線がある空港では特に新型肺炎感染に注意が必要です。

新型肺炎を予防するためには、なるべく人との接触を避けるべきです。

チェックインカウンターや手荷物検査場などに長時間並ぶのは避けたいところ。

出発ロビーでもなるべく人がいない場所を選んだほうが無難です。

飛行機に乗るとトイレにはなかなか行けません。搭乗前にトイレで手洗い、うがいをしましょう。

新型肺炎の予防法は基本的にインフルエンザなどの感染症予防策と変わりません。手洗い、うがいが基本です。

飛行機に乗る直前、降りた直後の手洗い、うがいは重要です。

窓側の席を選ぶ

機内では人との接触を極力避けるべきです。通路側よりは窓際の席がいいです。

通路側は周りに人が多く、通路を歩く人との距離も近くなります。

座席指定はチェックインカウンターではなく、事前にインターネットやスマートフォンで済ませた方がいいです。

この方法なら、飛行機の空席を確認し、人との接触が少ない場所を自分で選ぶことができます。

LCCの場合、座席指定はプラス料金となりますが、新型肺炎感染のリスクを少しでも減らしたいなら、座席の指定は重要です。

LCCでは座席指定をしなかった人は飛行機の前方、真ん中の席が割り当てられます。

座席は隙間なく埋められていくので、座席指定をしなかった場合、隣が空席になる確率はかなり低いです。

後ろの席は座席指定が可能です。

前方・真ん中は満席、後方は空席だらけの状態で飛ぶ飛行機もあります。

マスク着用

当然ですが、マスクは着用しましょう。

新型肺炎の流行で、飛行機や新幹線の乗客の多くはマスクをしています。

飛行機の機内は空気が乾燥していて、新型肺炎だけでなく、風邪やインフルエンザ感染のリスクが高い場所です。

マスクをして細菌が鼻やのどから入るのを防ぎましょう。

座席周りの除菌

飛行機は1日に何回も離着陸を繰り返します。そのたびに乗客が入れ替わります。

着陸から離陸までの間には機内清掃が行われますが、除菌は行われません。

飛行機での旅行の際には除菌シートを持ち歩き、乗り込んだら座席周りを除菌しましょう。

特に機内食が出る長時間のフライトの場合、除菌は必須。食事の時はマスクを外さざるを得ないので、細菌の除去に注意が必要です。

吹き出し口を開ける

風邪やインフルエンザ同様、新型肺炎にも、こまめな換気が効果的です。

飛行機の機内で新型肺炎に感染するリスクが高い理由の一つが、換気ができないこと。

電車や路線バスは定期的にドアが開き多少は空気が入れ替わります。飛行機はドアも窓も開けられません。

完全な換気はできませんが、座席上の空気の吹き出し口を開けることによって座席周りの空気を対流させることはできます。

寒くならない程度に、吹き出し口を少し開けておくといいです。

水分補給

喉が乾燥すると、新型肺炎などの感染症をうつされるリスクは高まります。

飛行機の機内ではこまめな水分補給が必要。離陸前に水などを買って機内に持ち込みましょう。

身体に水分が不足すると、エコノミー症候群になるリスクも高まります。

急いで降りない

飛行機から降りる時には人ゴミを避けるべきです。

他の乗客が降りてからゆっくり降りるなど、なるべく人との接触を避けましょう。

飛行機から降りた後は、すぐにトイレで手を洗った方がいいです。周りの目が気にならないなら、うがいもした方がいいです。

風邪やインフルエンザの予防と同様、新型コロナウイルスによる肺炎の予防法も基本は手洗い、うがいです。

こまめな手洗いで細菌の除去を心がけましょう。

まとめ

飛行機の機内で新型肺炎感染のリスクを減らす方法をまとめました。

・空港で人ゴミを避ける
・窓際の席を選ぶ
・マスク着用
・座席周りの除菌
・吹き出し口を少し開ける
・水分補給
・離陸前、着陸後の手洗い

新型肺炎のリスクはどこに潜んでいるかわかりません。密室状態の飛行機の機内は特に危険です。

沖縄の離島、宮古島暮らしで飛行機をよく利用する私は、旅先よりも飛行機の機内で方が恐いです。

飛行機での出張、旅行には十分お気をつけください。

新型コロナウイルスで沖縄旅行はキャンセルすべき?【現地在住者の口コミ】
沖縄在住のshimagurashiです。 新型コロナウイルスの感染者が国内で急増しています。 沖縄でも感染者が増え続けています。 新型コロナウイルス感染拡大で沖縄旅行をキャンセルした人もいれば、海外旅行をやめて沖縄旅行に来...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...