宮古島のホテルが満室で予約できない時の裏ワザ

観光客が増え続けている宮古島。人気のホテルは予約しにくい状況になっています。

ホテル予約サイトに空室が全くない。希望のホテルが満室。極端に高い宿泊プランしか出てこない。

こんな状況で困っているあなた。宮古島旅行を諦めるのはまだ早いです。

宮古島のホテルが満室で予約できない時の裏ワザを紹介します。

ツアーサイトを利用する

宮古島のホテルが満室で予約できない時の裏ワザ。それはツアーサイトを利用して航空券とホテルをセットで購入する方法です。

ホテル予約サイトに空室がなくても、ツアーサイトから予約すると空室が出てくる場合があります。

宮古島のホテルの大半はツアー会社と提携しています。ツアー会社はあらかじめホテルの部屋をまとめて確保しています。

楽天トラベルやじゃらんなどのホテル予約サイトがなかった時代、観光客の大半はJTBなどツアーを利用して宮古島に来ていました。

この時代から、宮古島ではツアー会社が宿泊施設の部屋を一定数抑える方法が定着しています。リゾートホテルや旅館、民宿の部屋は今でもツアー会社があらかじめ一定数を抑えています。

宮古島東急ホテル&リゾーツ、ホテルブリーズベイマリーナ、アラマンダ、インギャーコーラルビレッジ、シーブリーズカジュアル。ホテルアトールエメラルド、ピースアイランド宮古島、サザンコースト宮古島などはツアー会社が部屋を抑えている典型的なホテル。ホテル予約サイトに空室がなくても、ツアーサイトから予約できる場合が多いです。

ツアー会社によって、抑えている部屋の数が違うので、空き部屋があるツアー会社もあれば、空き部屋がないツアー会社もあります。

「ツアー」と聞くと観光バスで団体行動する添乗員同行のツアーを想像しがちですが、宮古島のツアーの主流はホテルと飛行機がセットになったプラン。飛行機と宿泊場所が決まっているだけの終日フリープラン。宿泊日数も自由に選べます。

終日フリープランでホテルと飛行機を予約し、オプションでレンタカーを予約する観光客が多いです。

航空運賃とホテル代の合計金額はツアーが割安。宮古島に旅行するならツアーを利用するのは有力な選択肢です。

インターネットから予約できる、宮古島旅行に強いツアーサイトを3つまとめました。

JTB

最大手旅行会社JTB。ネット予約できる宮古島ツアーも充実しています。フリープランはもちろん、添乗員同行の観光バスツアーがあるプランも選択できます。

【主なホテル】
宮古島東急ホテル&リゾーツ、ホテルピースアイランド宮古島、シギラベイサイドスイートアラマンダ、ホテルアトールエメラルド宮古島、インギャーコーラルビレッジ、ホテルブリーズベイマリーナ、ホテルシーブリーズカジュアル

JTBの予約ページへ

JALパック

JALが展開するパッケージツアー。JALの航空券と宿泊がセットになっています。取り扱うホテルが多く、老舗のホテルから新規オープンのリゾートホテルまでカバーしています。

航空券と宿泊を別々に手配するよりも安く予約できます。

【主なホテル】
宮古島東急ホテル&リゾーツ、ホテルピースアイランド宮古島、シギラベイサイドスイートアラマンダ、ホテルアトールエメラルド宮古島、インギャーコーラルビレッジ、ホテルブリーズベイマリーナ、ホテルシーブリーズカジュアル、ミヤコセントラルホテル、ホテル共和、マリンロッジマレア、宮古第一ホテル、サザンコースト宮古島、ホテルてぃだの郷、ライジングサン宮古島、ホテルローカス、イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル。

JALパックの予約ページへ

スカイツアーズ

ANAの関連会社「スカイツアーズ」が取り扱うANAの飛行機を利用したツアー。ANAは羽田空港、関西空港、中部国際空港から宮古島に直行便を飛ばしています(JALの直行便は羽田便のみ)。直行便を利用したプランが人気です。

【主なホテル】

宮古島東急ホテル&リゾーツ、ホテルピースアイランド宮古島、シギラベイサイドスイートアラマンダ、ホテルアトールエメラルド宮古島、インギャーコーラルビレッジ、ホテルブリーズベイマリーナ、ホテルシーブリーズカジュアル、ウェルネスヴィラブリッサ。

スカイツアーズの予約ページへ

まとめ

宮古島のホテルが満室で予約出来ない時の裏ワザと、宮古島旅行に強い3つのツアーサイトを紹介しました。

宮古島旅行を考えているあなた。ホテル予約サイトで希望のホテルが満室だからと言って諦めるのはまだ早い。ぜひツアーサイトをご覧ください。

JALを利用するならJTBとJALパックを、ANAを利用するならJTBとスカイツアーズを見比べて予約することをオススメします。

宮古島への旅行を考えている皆様の参考になれば幸いです。

宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...