ジャングル飯店|宮古島繁華街にこだわりの麺処が新装開店

宮古島の数あるラーメン店の中でも店主のこだわりの強さで有名な「ジャングル飯店」

以前は、繁華街の外れのアパートの1階に店を構え、ラーメン好きが集う隠れ家的名店でした。そんなジャングル飯店が2019年夏、宮古島の繁華街ど真ん中に新装開店しました。

店の外観は中華料理屋のような雰囲気ですが、メニューは以前と変わらずラーメン中心。店主のこだわりが凝縮された一杯は地元の人にも観光客にもオススメできる味です。

アクセス・駐車場・営業時間


ジャングル飯店は宮古島一の繁華街、西里通り近くにあります。飲食店を改装し、2019年夏にリニューアルオープンしました。


【住所】宮古島市平良下里575
【電話】0980-79-5554
【駐車場】なし
【定休日】不定休
【営業時間】11時30分~15時/19時から翌1時30分

昼は店主が1人で切り盛りしています。夜はラーメン以外のメニューも増え、中華居酒屋のような雰囲気。締めの一杯にも人気の店です。

ジャングル飯店の魅力

宮古島のラーメン店の中でもジャングル飯店は特にキャラ立ちしています。特に際立つのは店主のこだわり。化学調味料をほぼ使わずにぶれない味を追求しています。

以前の店舗の壁には店主のこだわりが長々と直筆の文字で綴られていました。新しい店舗には見当たりませんでしたが、リニューアル後も味は一貫していました。

店内はカウンター5席、4人がけのテーブルが4つ。昼は店主が1人で切り盛りしていてかなり忙しそう。注文、調理、片付け、会計を1人でこなしていました。

忙しそうですが接客は丁寧で、人が多い時間帯には「お時間頂きます」と声をかけ、店が回らなくなりそうだとカウンターの席が空いていても「いっぱいです」と入店を断っていました。

ラーメンでお金儲けをしようというタイプの店主ではありません。こだわりの味を追求し、お客様に満足してもらえるようラーメン道を追求する。お客様を大切にするイメージの店主です。

ジャングル飯店のメニュー


ラーメンのメニューは1人で営んでいるとは思えないほどバリエーション豊かです。

醤油ラーメン。塩ラーメン。味噌ラーメン。激辛味噌タン麺。台湾ラーメン。坦々麺。鶏白湯ラーメン。潮そば。

ラーメンは一杯680円~850円。

メニューの隣に小さい字で書かれた補足説明に店主のこだわりが凝縮されています。

塩ラーメン「深みのずば抜けたラーメン」
味噌ラーメン「0.3秒でうなずかせます」
激辛味噌タンメン「辛さに優しさはいりません」
台湾ラーメン「これこれゴマの風味」
鶏白湯ラーメン「正直二杯いけます」
潮そば「宮古島産のカツオ出汁に自家製面で仕上げた一杯」

店主のこだわりが厚かましく感じる人もいるかもしれませんが、ここまでかけるのは研究を重ねた自慢の一杯だからこそ。

宮古島の飲食店には、味よりも利益を重視している、浮かれた観光客をターゲットにした店が多い中、ジャングル飯店の店主の姿勢は好感が持てます。


昼のサイドメニューはチャーハン、豚そぼろ味玉丼、杏仁豆腐、マンゴープリンだけ。夜は餃子など酒のつまみのサイドメニューも増えますが、昼はラーメン一本勝負です。

鶏白湯ラーメン


私のお気に入りは鶏白湯ラーメン。

ジャングル飯店は、宮古島では珍しく鶏白湯ラーメンが食べられるお店です。

鶏白湯ラーメンの麺は中太のストレート麺。スープはややこってりしているものの後味はすっきり。濃いめのとんこつラーメンのようなまろやかさがありながら、動物臭さは全くありません。

中太のもちもちした麺にスープがよく絡み、箸が止まらなくなります。

見た目はボリュームがなさそうに見えますが、男性でも一杯で満腹になります。スープがあまりにおいしくて、私はいつも飲みほしてしまいます。

大きめの2種類のチャーシューが入っているのも嬉しいポイント。焼き豚のチャーシューと、鶏肉のチャーシューの2種類。どちらも食べ応えがありました。

台湾ラーメン


お店の雰囲気から思わず注文してしまいたくなる台湾ラーメン。

醤油をベースにしたあっさり味ながらコクのあるスープ。細麺との相性もばっちり。ピリ辛ですが辛すぎず、辛さが苦手な人も食べれます。

辛さと甘さのバランスが良く、コクがあるスープが魅力的。ジャングル飯店で台湾ラーメンを食べると異国に来たような気持ちになります。

定番メニュー

ジャングル飯店の定番メニューは醤油ラーメン。

麺はベーシックな細麺。昔ながらの中華そばをベースにしたあっさりスープは、化学調味料をほとんど使わず優しい味に仕上がっています。

お酒を飲んだ後の締めの一杯にはちょうどいい定番の醤油ラーメンです。

まとめ

ジャングル飯店は宮古島の数あるラーメン店の中でも特に店主のこだわりが際立つお店です。

宮古島の繁華街ど真ん中に新装開店し、多くの人の目につくようになりました。移転前はラーメン通が通う隠れ家的な名店でしたが、リニューアルオープン後は観光客も多く訪れるようになっています。

宮古島の繁華街エリアでこだわりのラーメンを食べたいならジャングル飯店がおすすめです。

大和食堂の宮古そば|地元の人に愛される昔ながらの一杯
「大和食堂」は数ある宮古そばの店の中でも外せない名店です。宮古島移住5年でほぼ全ての宮古そばの店に行きましたが、大和食堂はトップ5に入るおいしさです。 地元の常連客に大人気だった大和食堂。全国放送のテレビ番組に放送されて観光客の人気に...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...