宮古島への飛行機代はいくら?安く行く方法は?

宮古島に移住して5年のshaimagurashiです。

宮古島には毎日飛行機で多くの旅行者が来島し、観光を楽しんでいます。

宮古島への飛行機代はLCCを利用するかどうかによって大きく変わります。

「LCC利用の飛行機代」「既存の航空会社の飛行機代」「安く行く方法」をまとめました。

LCC利用の飛行機代

2019年3月に宮古島と橋でつながる下地島空港に、宮古島第2の空港「下地島空港」が開業しました。

下地島空港は国際線と国内線LCCに特化した空港。下地島空港の開業で宮古島はLCC時代に突入しました。

下地島空港へは、成田空港、関西空港からのジェットスターの直行便が飛んでいます。

飛行機代の最安値は成田―下地島が片道6990円。関空―下地島が片道5990円。

ジェットスター便を早めに予約すれば宮古島への往復の飛行機代を2万円以下に抑えられます。

成田―下地島は6月~10月は1日往復。11月以降は月・水・金・日の週4往復です。

関西―下地島は6月~10月は月・水・金・日の週4往復。11月は火・木・土の週3往復です。12月以降は運航がありません。

既存の航空会社の飛行機代

宮古空港にはJAL、ANAの県外からの直行便が飛んでいます。

羽田→宮古島

羽田空港から宮古空港へは、JAL,ANAがそれぞれ1日1往復しています。

飛行機代の最安値はJAL,ANAとも約2万円です。

飛行機は早めに予約すればするほど安くなります。羽田から宮古島まで片道2万円の飛行機が残っていたら、かなりラッキーです。

飛行機代は時期によって大きく変動します。夏休みやゴールデンウィークは片道6万円に跳ね上がります。

セントレア→宮古島

中部国際空港・セントレアから宮古空港へはANAが1日1往復しています。

飛行機代の最安値は約2万円。早めに予約すれば往復の飛行機代を4万円台に抑えられます。

関西空港→宮古島

関西空港から宮古空港へはANAが1日1往復しています。

飛行機代の最安値は約2万円です。

伊丹空港、神戸空港から宮古島への直行便はありません。伊丹、神戸から宮古島へは那覇経由の乗り継ぎ便が便利です。

安く行く方法

LCC利用、既存の航空会社利用に関わらず、宮古島では飛行機とホテルを別々に予約するよりも飛行機とホテルがセットになった「ホテルパック」の方が安い傾向にあります。

ホテルパックを提供している大手ツアー会社はホテルの部屋をまとめて抑えています。ホテル予約サイトで人気ホテルが満室でも、ホテルパックなら予約できることがあります。

飛行機とホテルを別々に予約して宮古島に旅行していた私は、移住後ホテルパックの存在を知り、目から鱗でした。

JALパック

宮古島旅行の王道はJALの飛行機を利用したホテルパック「JALパック」です。

JALの羽田―宮古島便は早朝発、深夜着なので、宮古島での時間を最大限有効利用できます。

JALは那覇―宮古島の便数が多く、乗り継ぎ便も便利です。

「JALパック」なら安い時期だと飛行機代とホテル代を合わせて4万円台で宮古島に旅行できます。

JALパックの予約ページへ

J-TRIP

JALパックと同様、JAL便に特化したホテルパックを取り扱っている「J-TRIP」。レンタカー付きのプランが特に安いと評判です。

J-TRIPの予約ページへ

スカイツアーズ

ANA便に特化することで安値を実現している「スカイツアーズ」。ANAの関連会社なので安心して利用できます。

宮古空港では2015年以降、羽田、関西、中部からの直行便が次々に就航。ANAが勢力を増しています。

スカイツアーズはかなり安いです。オフシーズンに早めに予約すれば、飛行機代とホテル代を合わせて3万円台~宮古島旅行を楽しめます。

スカイツアーズの予約ページへ

JTB

国内最大の旅行会社「JTB」。添乗員同行ツアーだけでなく、ホテルパックも充実しています。

JTBは高いイメージがありますが、実際に調べてみるとホテルパックの値段は他サイトと大差ありません。

下地島空港のジェットスター便利用のホテルパックも安値で取り扱っています。

JTBの予約ページへ

HIS

安さが売りのHIS。既存の航空会社のホテルパック、LCCのホテルパックを取り扱っています。

JTB,HISのホテルパックは、行きはANAの直行便、帰りはJALの乗り継ぎ便など、複数の航空会社を選べます。

ジェットスターとホテルがセットになったホテルパックはかなり安いです。

HISの予約ページへ

まとめ

宮古島への飛行機代をまとめました。

LCC利用の最安値は成田からが6990円、関西からが5990円。

既存の航空会社利用だと羽田、関西、中部から片道約2万円です。

宮古島旅行の旅費は、ツアーサイトが提供するホテルパックを利用することで安く抑えられます。

皆様の宮古島旅行の参考になれば幸いです。

宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...