宮古島の6月の気温・服装は?梅雨明けはいつ?

宮古島在住のshimagurashiです。

宮古島の6月は梅雨明けの時期。

梅雨が明けると真夏の日差しが届き「これぞ南国」という天気が続きます。

7月からは宮古島に頻繁に台風が接近しますが、6月は台風のリスクも低いです。

宮古島の6月の気温・服装。過去の台風接近数をまとめました。

宮古島の6月の気温

宮古島の6月の平均最高気温は30度、平均最低気温は25度。

6月の宮古島の天気は、梅雨入り前後で大きく異なります。

沖縄地方の平年の梅雨明けは6月23日。

宮古島の梅雨明け発表はなく、沖縄地方が梅雨明けした日が宮古島の梅雨明けとされていますが、住んでいる感覚からすると、宮古島は沖縄本島よりも早く梅雨明けします。

早ければ6月上旬、遅くても6月中旬には梅雨明けします。

梅雨明け前の6月

梅雨期間中の6月の宮古島は、なかなか不快です。

最高気温は約30度。湿度は90%以上あります。

湿度が高い分不快指数が高く、真夏の7月や8月よりも暑く感じます。

エアコンなしでは生活できません。

梅雨入りする5月以降は、夜も気温が下がらず、湿度が高くて不快なので、エアコンをつけたまま寝る人が多いです。

宮古島は梅雨だからと言って毎日雨が降り続くわけではありません。ほとんど雨が降らない空梅雨の年も多いです。

梅雨明け後の6月

梅雨明け後の6月は天気が安定しています。

梅雨が明けると宮古島に本格的な夏が到来します。

梅雨期間中に比べ湿度が若干下がり不快指数も下がります。

梅雨明け後の6月は最高気温30度~33度ぐらいの晴天が続きます。

7月以降は台風のリスクも高まりますが、6月は真夏に比べると台風接近数は少ないです。

沖縄気象台のホームページに宮古島への過去70年の月別の台風接近数が掲載されています。

6月 26回
7月 51回
8月 73回
9月 65回
10月 29回

6月は7~9月に比べると海水温が低く、台風が発生してもそれほど勢力が強まりません。

台風のリスクを避けつつ「夏の宮古島」を満喫したいなら、6月中旬・下旬がオススメです。

宮古島の6月の服装

6月の宮古島はとにかく暑いです。本土からくると、空港に降り立った瞬間、かなりの蒸し暑さを感じます。

梅雨らしいジメジメした天気の日も暑く、梅雨明け後の真夏の日差しも暑いです。

6月に宮古島に旅行するなら、本土の真夏の服装で問題ありません。

私は宮古島で5年生活していますが、6月は毎日半袖です。

宮古島は5月が衣替えの時期。5月からは公務員や銀行員も半袖のかりゆしウェアで働いています。

観光客の中には水着のような姿で街中を歩いている人もいます。

宮古島は夜も気温が下がりません。6月の平均最低気温は25度。

夜の外出も半袖、短パンで十分。ホテルのパジャマも半袖、半ズボンが準備されています。

女性は薄手のロングスカートやキャミソール姿の人が多いです。

梅雨明け前も、梅雨明け後も、6月の宮古島は湿度が高く、本土の6月に比べるとかなりジメジメ、ムシムシしています。

速乾性、吸湿性のある素材の服装がオススメです。

6月の宮古島は日差しがかなり強いです。日傘や帽子があると安心です。

宮古島の女性は日焼け対策で日傘をさしたり、長袖のアンダーシャツを着たりしています。

宮古島の6月の生活

宮古島に5年住んでいる私。移住当初は宮古島の夏が大好きでしたが、今ではあまりに暑い夏が嫌いになりつつあります。

個人的な感覚だと、宮古島は6月が一番暑いです。

気温が高く、湿度が高い。エアコンなしでは生きていけません。

車のエアコンが壊れると悲惨。一時期エアコンなしで窓を全開にして車移動していましたが、かなり不快でした。

みそ汁やカレーを放置しておくと、一晩で腐ってしまうほどの蒸し暑さです。

雨が続く日は、湿度が高いので室内干しでは洗濯物が全く乾きません。

コインランドリーを利用したり、エアコン・除湿器を使ってなんとか洗濯物を乾かしています。

梅雨時期は虫の出現率も高いです。特に1階の部屋はヤモリやGに要注意です。

梅雨が明けると、心が明るくなります。

宮古島では、梅雨明けと共に、セミが鳴き始めます。セミの大合唱で6月から真夏を実感します。

6月は1年で最も日の入りが遅い時期です。夜は7時半ぐらいまで普通に明るいです。

仕事を終えてからサンセットを見に海に行っても十分間に合います。

地元の人の中には、仕事後海に入ってクールダウンしている人もいます。

海の美しさ


宮古島旅行の最大の魅力は美しい海。

海の美しさは、天気に大きく左右されます。

晴れた日は太陽の日差しを浴びて輝く絶景の海が見えます。曇りの日は海の青色が鮮やかに出ません。

晴れの日を狙って宮古島を旅行するなら6月中旬以降がオススメ。晴天率はかなり高いです。

観光客にはあまり知られていませんが、宮古島の海が最も美しく見えるのは、台風が通過した次の日や、梅雨で大雨が降った翌日。

雨と風が空気中の不純物を取り除くことで、海の美しさが際立ちます。

梅雨期間中でも、雨の翌日に晴れれば、絶景の海に出会えます。

特に大雨が降り、風が強く、雷がピカピカゴロゴロ轟くような嵐の日の翌日に晴れれば、海はかなり美しいです。

宮古島の天気は変わりやすく、天気予報は外れがち。

天気予報は雨でも、宮古島に着いてみたら晴れていることも少なくありません。

南国宮古島に旅行するなら「変わりやすい島の天気を楽しむ」ぐらいがちょうどいいです。

マリンレジャー

梅雨明けする6月からは宮古島のマリンレジャーも全盛期。

ダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、サップなど様々なアクティビティを楽しめます。

5月までは海水温がやや低く、水着で長時間海に入ると冷たく感じることもありますが、6月からは海水浴も全盛期。

地元の人は6月から海に入り始めます。

屋外は暑く、湿度が高くて不快な分、海で泳いでいる方が快適です。

一度海に入ると、ひんやりとした海水が心地よく、ずっと海に入っていたくなります。

6月の日中はかなり暑いので、地元の人は昼間は海に入りません。地元の人が海で泳ぐのは日差しが弱い朝か夕方。

昼間に海水浴をするなら日焼け対策は必須です。

観光客として宮古島に来ていた頃。宮古島の紫外線の強さを甘く見ていた私は前浜ビーチで大はしゃぎで泳ぎ、全身真っ赤に日焼けしました。

3日間ぐらいヒリヒリと痛みが続きました。

地元の人は水着では海に入りません。宮古島ではTシャツで海に入るのが定番です。

ビキニ姿で海ではしゃいでいるのは、観光客か宮古島に移住して間もない若い女性たちです。

6月は割安

梅雨明けする6月中旬・下旬の宮古島は晴天率が高く、旅行におすすめの時期です。

宮古島旅行の旅費はゴールデンウィークや夏休み期間中は跳ね上がりますが、6月はピーク期に比べると旅費も抑えられます。

宮古島旅行は、飛行機とホテルを別々に予約するよりも、セットで予約した方が安い傾向にあります。

ツアー旅行会社は飛行機の座席とホテルの部屋をまとめて抑えることで安値を実現しています。

宮古島に移住するまで私はツアーサイトの存在を知りませんでした。ツアーサイトを利用して宮古島に来る人が多い事実を知り「もっと早く知りたかった」と衝撃を受けました。

JALパック

宮古島ツアー旅行の王道はJAL系の飛行機とホテルがセットになったJALパックのツアー。JALパックは宮古島に観光客が少なかった時代から継続してツアー旅行を組んでいて選べるホテルがとても多いです。

JALの羽田―宮古直行便は早朝発、深夜着なので宮古島での時間を有効に使えます。JALは那覇―宮古の便数が多く、乗り継ぎ便の選択肢が多いのも嬉しいポイントです。

JALパックの予約ページへ

スカイツアーズ

ANAの飛行機を利用した旅行会社。宮古島はANAの直行便が充実しています。2015年以降、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港からの直行便が次々就航しています。

ANAの路線拡大に伴い、スカイツアーズが取り扱う宮古島へのツアーはかなり充実しています。直行便利用のツアーが安いと評判で大都市圏からの旅行者に人気です。

スカイツアーズの予約ページへ

HIS

安さが売りのHIS。宮古島旅行の特設サイトを開設し宮古島ツアーに力を入れています。

HISなら行きはJAL、帰りはANAなど、複数の航空会社を使えます。ジェットスターの直行便ツアーはかなり安いです。

HISの予約ページへ

まとめ

6月の宮古島の平均最高気温は30度、平均最低気温は25度。

6月の宮古島の天気は梅雨明け前後で大きく異なります。

梅雨時期は湿度が高く不快指数が高いです。梅雨明けすると真夏が到来します。

6月に宮古島に旅行するなら、暑さ・日焼け対策は必須です。

南国宮古島で皆様のお越しをお待ちしています。

宮古島のおすすめホテルランキング|島暮らしの私が厳選!
宮古島移住5年のshimagurashiです。 宮古島に約250件あるホテルの中から、観光客と地元での評判をもとに、おすすめランキングを作成しました。 「ビーチリゾート」「一棟貸し」「市街地ホテル」「台風に強い」「2020年開業...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...