沖縄長期滞在のおすすめ|マンスリーが安いのはどこ?

沖縄に長期滞在するなら、安い宿の確保は必須。

うまく探せばマンスリー6万円で沖縄のホテルが見つかります。

イチオシは長期滞在向け宿泊予約サイト「マンスリーホテル

他サイトより20%安く予約できます。

沖縄長期滞在 安く泊まるなら「マンスリーホテル」

「マンスリーホテル」は長期滞在専用のホテル予約サイト。

出張、旅行、ホテル暮らし、ノマド、ワーケーションで長期滞在する人に人気です。

移住のリサーチで沖縄のホテルに長期滞在する人も多いです。

ホテル長期滞在専用なので他サイトに比べ平均20%安く泊まれます。

沖縄県内の244軒のホテルが登録していて選択肢はかなり豊富。

リゾートホテルからシティホテル、ペンションまで幅広く検索できます。

人気のホテルの長期滞在は空室がないのがネックですが、マンスリーホテルは空室の検索もスムーズ。

滞在期間に満室の日がなければ、即予約できます。

沖縄のホテルに安く長期滞在するならマンスリーホテルを見て損はありません。

マンスリーホテルで長期滞在をお得に

移住リサーチはホテル長期滞在がおすすめの理由

沖縄で5年間移住生活をしている私。

沖縄移住に憧れている人は多く、身近な友人や疎遠だった人から移住相談を受けています。

移住希望者には、長期滞在から始めるのがよいと伝えています。

文化も気候も食べ物も違う沖縄。

いきなり物件を決めて移住するのはリスクが高すぎます。

長期滞在で沖縄を知ってから、本当に移住するか決めるかが得策です。

移住前のイメージと実際に住む沖縄は想像以上にギャップがあります。

沖縄長期滞在はギャップを見極め、移住して生きていけるかを判断する期間です。

人間関係のギャップ

人間関係に悩んで沖縄に移住する人は多いです。

都会で人間関係悩みながら悶々と働いていると、開放的な性格の沖縄の人たちの中に飛び込んでしまいたくなるのも無理はありません。

ただし沖縄に移住しても人間関係の悩みがなくなるわけではありません。

都会の人間関係は精算されても新たな人間関係の悩みが生まれます。

沖縄の人はルーズです。

まじめな日本人は、このルーズさに簡単になじめません。

平気で遅刻する。平気でミスする。重大なミスを謝らずにごまかす。責任の所在があいまい。責任者を決めずに物事を進める。自分の気分で部下を怒る。

概して沖縄の人は自分に甘く他人に厳しいです。

自分だけでなく、家族、親戚、友人には優しいですが、移住者には厳しいです。

一族経営のアットホームな沖縄会社に勤めたらかなり疎外感を受けることになります。

沖縄の人はアットホームの内側にいますが、移住者は外側においやられます。

仕事のミスの尻拭いをするのが移住者の仕事。

まじめに都会で働いてきた人は、沖縄の仕事にはなじめません。

ルーズすぎて理解できないことが多いです。

価値観を変えるのは難しく都会でまじめに働いてきた人ほど沖縄でも猛烈に働いてしまいます。

猛烈な仕事の中身は、、実際は沖縄の人たちの尻拭いだったりします。

それを横目に沖縄の人はルーズに働き続けます。

このルーズさに耐えれるかを試すなら長期滞在から始めることです。

お金の問題

退職金を大量にもらって老後に移住する、宝くじに当選して沖縄に移住する。というパターンなら問題ありませんが、ほとんどの人は沖縄移住でお金の問題に直面します。

給料は安く物価は高い。

沖縄の給料は全国平均の3分の2。全国最下位です。

仕事が楽なわけではないのに給料は激安です。

お金の問題で生活がキツくなります。精神的にダメージを受ける人も多いです。

給与明細に17万円と記載されているのを見て、俺の価値はこんなものかと落ち込む人は多いです。

沖縄移住を機に前職のキャリアを捨てて新しい仕事を始める人もいます。

新しい環境での新しい仕事になじめず、自分の無能さを痛感し、その上給料が安く、心病む人もいます。

移住ではなく長期滞在から始める、沖縄に片足を突っ込んだ状態でいつでも引き抜ける状況をキープしつつ、給料の安さに耐えれるか見極めるのが得策です。

住む場所の問題

沖縄移住は住む場所も問題です。

海辺の一軒家に住んでいる人が勝ち組というわけでではありません。

海辺の一軒家は移住者に人気ですが、実際に住むと、海なりが気になっって夜眠れなかったり、潮風で車がすぐに錆びたり、台風の時に自宅を離れたくなるほど怖かったりします。

沖縄は主要道路も裏道も渋滞が激しく、道が分かりにくい。住む場所によっては生活するだけで大変です。

ゆいレールは通勤時間は混雑し、道路は渋滞。

移動のストレスは沖縄にもあります。

沖縄移住を物件探しから始める人がいますが、移住者の先輩からすれば本末転倒。

家賃、築年数、間取りだけで物件を決めるのは危険。

重要視すべきなのは住む場所。

移住を長期滞在から始め、滞在中に沖縄の土地勘を身につけ、働き方を見極め、それにあわせて物件を探すのがベストです。

離島移住も長期滞在から始めるのがおすすめ

宮古島、石垣島など沖縄の離島移住も長期滞在から始めるのがおすすめです。

島によってカラーが違いますが、人がルーズで給料が安いのは同じ。

渋滞がなく住環境は本島と違いますが、離島移住でも住む場所の選択は重要です。

移住者を嫌うアパートオーナーや、家賃を高く設定しようとするオーナーもいます。

焦りは失敗を生みます。

離島に移住するなら、マンスリーで長期滞在し、のんびり移住生活の方向性を決めるのも悪くありません。

私は沖縄移住に失敗し、1年で帰りたくなりました。

憧れの沖縄と、実際に住む沖縄には大きなギャップがあります。

まとめ

沖縄に安く長期滞在するならマンスリーホテルがおすすめです。

長期滞在専用なので、他サイトに比べ20%安く予約できます。

沖縄の244軒、宮古島28軒、石垣島23軒が登録。

時期によってはマンスリー6万円台〜宿泊できます。

マンスリーホテルで長期滞在をお得に