下地島空港から宮古島へのアクセス バス・タクシー・レンタカー情報

2019年3月30日、下地島空港の新しいターミナルが開業しました。

宮古島と橋でつながる伊良部島に隣接する下地島。宮古島の市街地までは直線距離で16キロ。車で30分ほどの距離です。

下地島空港の運営会社、下地島エアポートマネジメント株式会社が公表している下地島空港のアクセス情報と、それを取り巻く島内のバス、タクシー、レンタカー事情をまとめました。

バス

下地島空港と宮古島の中心市街地、宮古島東急ホテル、シギラリゾートを結ぶ路線バスが運航されています。

路線バスの下地島空港出発時刻は、成田、関西、香港からの飛行機の到着に合わせて午前11時。15時、18時50分。飛行機の到着が遅れる場合、それに合わせてバスも出発時刻も遅れます。

路線バスは下地島空港から最短距離で伊良部大橋を渡り、中心市街地へ向かいます。宮古島市役所やホテル、居酒屋等が集中する中心市街地までの所要時間は約30分。東急ホテルまでが約50分。終点のシギラリゾートまでが約1時間10分です。

料金は下地島空港から終点のシギラリゾートまでが800円。市街地までは510円、東急ホテルまでは700円です。

【時刻表】

下地島空港の利用客を最優先に考えて作られた路線なので、空港を利用する観光客にも市民にもとても便利な路線です。航空路線が増えれば、バスの増便も検討されるようです。

【追記】
上記とほば同じルートで宮古空港を経由するバスも運行されています。

こちらは、下地島空港、平良港、宮古空港、東急ホテル、シギラリゾートにのみ停車します。運賃は上記の路線バスより少し高いです。

【時刻表】


タクシー

空港ターミナルにタクシー乗り場があります。市街地までの運賃は約3500円です。

他の空港では考えられないことですが、下地島空港では、タクシー乗り場にタクシーが一台も止まっていないという状況があり得ます。

宮古島のタクシーの台数は全社合わせて185台。

市街地から車で30分。1日1便しか飛行機が来ない下地島空港に何台タクシーが来るかは開業してみないとわかりません。

特に中国からのクルーズ船が宮古島に入る日は要注意。

クルーズ船の中国人観光客の送迎にタクシーが集中するため、普段なら30台ほど待機している宮古空港のタクシー乗り場からもタクシーが消えます。

宮古空港のタクシー乗り場でタクシーに乗れず途方に暮れる観光客の姿は、宮古島の新たな風物詩になりつつあります。

夏場のピーク時には週5回クルーズ船が入ります。

ジェットスターの成田便が下地島空港に到着する午前11時頃は、クルーズ船の入港時刻と重なり、特にタクシーが足りない時間帯。

空港にタクシーが止まっていないなんて状況は、日本全国探してもほとんどありませんが、宮古島・下地島ではありえます。タクシーをあてにしていると痛い目にあう可能性があります。

宮古島に中国人観光客が急増~クルーズ船の光と影~
ここ数年、宮古島に中国人観光客が急増しています。私が移住した5年前、宮古島に中国人はほとんどいませんでした。 2016年頃から急増した宮古島の中国人観光客。今や宮古島のビーチで中国人観光客を見ない日はないと言っても過言ではありません。...

レンタカー

空港のターミナルの到着ロビーに3社分のレンタカーカウンターが設置されています。

レンタカーは事前に予約できるので、下地島空港から市街地へのアクセスとしては最も確実な方法です。

宮古島は観光客が急増しています。2012年に年間30万人台だった観光客は2017年には99万人を突破しました。

観光客急増に合わせ、島内のレンタカー需要は急増しています。

夏のピーク時(6月~9月)にはレンタカーが借りにくい状況。早めに予約しないとレンタカーは確保できません。

下地島空港に入るレンタカー業者はオリックスレンタカー、トヨタレンタリース、沖縄ツーリスト3店。

宮古島ではレンタカー業者が急増していますが、その中でも老舗でレンタカーの保有台数が多い3店です。

宮古島の新たな玄関口として期待される下地島空港。

エメラルドグリーンの海を眺めながらの着陸は沖縄観光の新たな名物になること間違いなしです。

バス、タクシー、レンタカーの交通手段が充実し、観光客にとっても、住民にとっても利用しやすい空港になることを期待しています。

下地島空港にLCCがやってくる~どうなる宮古島の未来~
2019年3月、下地島空港に旅客ターミナルが完成し、国内線LCCの定期便や国際線が飛んでいます。 宮古空港と直線距離で16キロしか離れていない下地島空港。 新ターミナルの完成を歓迎する声がある一方で、島内にはLCCや国際線の就航...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...