関西から宮古島への直行便時刻表|安く行く方法は?

関西から宮古島への直行便は、関西国際空港から宮古空港へのANA便と、関西国際空港から下地島空港へのジェットスター便の2択。

ANA便、ジェットスター便の時刻表、運賃、所要時間。関西から宮古島に安く行く方法をまとめました。

ANA直行便

【便数】
1日1往復

【時刻表】
関西 10時05分発 宮古島12時40分着

宮古島 13時15分発 関西15時25分着

【所要時間】
関西→宮古島 2時間35分
宮古島→関西 2時間10分

関西から宮古島へは2015年までは那覇経由でしか行けませんでした。2016年にANAの関空から宮古島への直行便が就航しました。

夏場のピーク時は搭乗率90%を超えます。ANAの全路線の中でもかなりの人気路線です。10時台に関空を出てお昼すぎには宮古島に到着しているので、旅行1日目から宮古島を満喫できます。

正規料金は片道約6万円ですが、早めに予約すれば2万円前後~予約できます。

ジェットスター直行便

【便数】
月・水・金・日のみ1往復
(夏休み期間中は1日1往復)

【時刻表】
関西 15時50分発 下地島18時15分着
下地島 18時55分発 関西21時15分着

【所要時間】
関西→下地島 2時間55分
下地島→関西 2時間20分

2019年7月3日にジェットスターの関西と下地島を結ぶ直行便が就航しました。宮古島へのLCC路線は、ジェットスターの成田―下地島便に続き2路線目です。

下地島空港は2019年3月に開業した宮古島第2の空港。国際線と国内線LCCが就航しています。下地島と宮古島は橋でつながっています。下地島空港から宮古島の市街地エリアまではバスで約30分とアクセスも悪くありません。

ジェットスターの参入は宮古島の航空業界に価格破壊をもたらしました。関西―下地島便は片道5990円~。セール期間はさらに安いです。

神戸空港

神戸空港から宮古島への直行便はありません。那覇経由なら行けます。

【神戸→那覇】
ANA
スカイマーク
ソラシドエア

【那覇→宮古】
ANA
JTA(JALの子会社)

乗り継ぎ便は時間がかかり、旅費も高くつきます。神戸―那覇間はスカイマーク、ソラシドエアの利用で旅費を抑えられますが、那覇-宮古間が割高です。

伊丹空港

伊丹空港から宮古島への直行便はありません。那覇経由なら行けます。

【伊丹→那覇】
ANA
JAL

【那覇→宮古】
ANA
JTA

伊丹空港から那覇へはLCCが飛んでいません。那覇経由だと運賃がかなり割高になります。

直行便ツアーがオススメ

関西から宮古島に行くなら、ANAやジェットスターの直行便とホテルがセットになったツアー旅行がお得です。

航空券とホテルを別々に予約するよりツアー旅行の方が安い場合が多いです。

ANAの直行便利用だと、ANA便に特化した格安旅行サイト「スカイツアーズ」のツアーが安いです。

スカイツアーズの予約ページへ

ジェットスターの直行便はJTB,HISがホテルとセットのプランを販売しています。人気のホテルも選択でき、かなり安いです。

JTBのジェットスター予約ページへ

HISのジェットスター予約ページへ

おすすめホテル

宮古島には新規開業のホテルが次々にオープンしていますが、ダントツでイチオシのリゾートホテルは30年以上の歴史がある宮古島東急ホテル&リゾーツです。

新規開業のホテルは従業員の確保に苦慮していて、ホテルマンの質が低いです。東急ホテルは開業時から積極的に地元採用を行い、長い期間をかけてホテルマンを育ててきました。

東急ホテルのホスピタリティは他のホテルと比べ物になりません。宮古島では残念ながら施設の質にホテルマンの質が追い付いていないホテルが散見されます。

直行便とホテルがセットになったツアー旅行なら、東急ホテルにも割安で宿泊できます。

ツアー旅行会社はあらかじめホテルの部屋をまとめて確保しています。楽天トラベルなどのホテル予約サイトでホテルが満室でも、ツアー旅行サイトなら空き部屋があることがあります。

まとめ

関西から宮古島への直行便は、ANAの関西国際空港と宮古空港を結ぶ便と、ジェットスターの関西国際空港と下地島空港を結ぶ便の2択です。

ジェットスターの参入で宮古島旅行の価格破壊が起きています。数年前からは想像できないような安値で宮古島旅行が実現します。

関西から宮古島へお越しの際は、直行便ツアーの利用が断然オススメです。

スカイツアーズの予約ページへ

JTBのジェットスター予約ページへ

HISのジェットスター予約ページへ

宮古島に直行便が飛んでいる空港はどこ?安く行く方法は?
2019年9月現在、宮古島に直行便が飛んでいるのは東京、大阪、名古屋の4空港。羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港です。 ANAが羽田、関西、中部。JTA(JALの子会社)が羽田。ジェットスターが成田、関西から直行便を飛ばし...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...