宮古島に安く行く方法|コスパが高い時期・飛行機・ツアーの選び方

宮古島に移住して5年のshimagurashiです。

最近観光客から宮古島旅行が高くなった。飛行機もホテルも予約が取れないという声をよく聞きます。

「宮古島バブル」の影響で宮古島への旅費は全体的に高くなっていますが、安く行く方法はあります。

宮古島に安く行く方法をまとめました。

安い時期

安い時期を選ぶことで宮古島への旅費を抑えられます。

年末年始、春休み、ゴールデンウィーク、夏休みは飛行機もホテルも費用が跳ね上がります。

JAL,ANAの羽田空港、中部空港、関西空港から宮古島への直行便は安い時期は片道2万円ですが、観光トップシーズンは片道6万円。

宮古島のシギラリゾートにあるリゾートホテルは普段は1泊2万円ですが、ゴールデンウィークは1泊8万円。

宮古島への旅費は時期によって大きく変動します。

11月~2月

宮古島旅行が一番安い時期は11月〜2月。

オフシーズンのこの時期は祝日を含めた3連休もそれほど旅費は高くならず狙い目です。高いのは年末年始ぐらいです。

冬はJAL、ANA便利用、2泊3日で総額3万円台〜宮古島旅行を楽しめます。

冬の宮古島は北風が強く、夏に比べると晴天率が低いです。冬でも晴れれば海の美しさは夏に全く劣りません。

冬の宮古島は旅費は安いですが天気は運次第。1週間のうち晴れるのは3日ぐらいです。

この時期は水着では寒くて海には入れません

3月・4月

春休み前の3月上旬、中旬は比較的安いです。春休みは旅費が高騰します。

春休み後の4月中旬以降は新学期・新年度で旅行者が少なく、比較的安いです。

3月に入ると天気も安定してきます。風向きが北から南に変わり、晴れの日が多くなります。水着で入るには海はまだ冷たいです。

5月・6月

ゴールデンウィークは破格の高さです。ゴールデンウィーク以外の時期は夏のトップシーズンに比べると旅費は安いです。

宮古島は4月下旬~6月中旬が梅雨の時期。梅雨でも晴れる日も多いですが、1週間雨が降り続けることもあります。5月、6月の宮古島旅行は夏よりは安いですが、天気のリスクと隣り合わせのです。

7月~9月

宮古島観光のトップシーズンは7月~9月。特に夏休み期間中は旅費が高いです。早めに予約しないと飛行機は満席、ホテルはどこも満室になります。

真夏の宮古島は台風のリスクと隣り合わせです。この時期の宮古島旅行は10%~20%ぐらいの確率で台風と重なります。

10月

夏のトップシーズンに比べると旅費は安いです。

10月の宮古島は台風のリスクもなくなり、晴れる日が多いです。1年で最も天気が安定する時期です。

コスパが高いのは

安さだけで宮古島旅行の時期を選ぶなら11月~2月がオススメです。ただしこの時期は晴天率が低いです。天気も考慮してコスパが高いのは4月、10月です。

LCC直行便

LCCの直行便を利用することで宮古島への旅費を安く抑えることができます。

2018年まで宮古島にLCC便は飛んでいませんでした。2019年にジェットスターの成田―下地島、関西―下地島便が就航しました。

ジェットスターの直行便は、宮古島市街地から車で30分の場所にある宮古島第2の空港「下地島空港」に離着陸しています。

成田―下地島は1日1往復。関西―下地島は月・水・金・日の週4往復(夏休み期間中は1日1往復/冬は運休)

最安値は成田―下地島が片道6990円~。関西―下地島が片道5990円~。ジェットスターの参入で宮古島の航空業界に価格破壊がおきました。

LCCのリスク

LCCでの旅行にはトラブルがつきものです。LCCの利用に慣れていない方、抵抗がある方はLCC旅行のリスクを理解した上での利用をオススメします。

LCCでは航空運賃以外にも燃油サーチャージ料がかかります。荷物を預ける場合は重さに応じて料金が加算されます。チェックイン時刻が厳しく、1分でも遅れると飛行機に乗れません。

飛行機の遅延や欠航の確率が高いです。ジェットスターの成田―下地島便、関西―下地島便も当日に欠航が発表されたり、出発が大幅に遅れたりして観光客が混乱することが何回もありました。

安いLCCでの旅行はリスクを伴います。

ツアーなら割安


LCCを利用しなくても、宮古島に安く旅行する方法はあります。

宮古島旅行は、飛行機とホテルを別々に予約するよりも、セットで予約した方が安い傾向にあります。

ツアー旅行会社は飛行機の座席とホテルの部屋をまとめて抑えることで安値を実現しています。

楽天トラベルなどのホテル予約サイトで人気ホテルに空室がなくても、ツアーサイトなら空室があることがあります。

宮古島に移住するまで私はツアーサイトの存在を知りませんでした。ツアーサイトを利用して宮古島に来る人が多い事実を知り「もっと早く知りたかった」と衝撃を受けました。

JALパック

宮古島ツアー旅行の王道はJAL系の飛行機とホテルがセットになったJALパックのツアー。JALパックは宮古島に観光客が少なかった時代から継続してツアー旅行を組んでいて選べるホテルがとても多いです。

JALの羽田―宮古直行便は早朝発、深夜着なので宮古島での時間を有効に使えます。JALは那覇―宮古の便数が多く、乗り継ぎ便の選択肢が多いのも嬉しいポイントです。

JALパックの予約ページへ

スカイツアーズ

ANAの飛行機を利用した旅行会社。宮古島はANAの直行便が充実しています。2015年以降、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港からの直行便が次々就航しています。

ANAの路線拡大に伴い、スカイツアーズが取り扱う宮古島へのツアーはかなり充実しています。直行便利用のツアーが安いと評判で大都市圏からの旅行者に人気です。

スカイツアーズの予約ページへ

HIS

安さが売りのHIS。宮古島旅行の特設サイトを開設し宮古島ツアーに力を入れています。

HISなら行きはJAL、帰りはANAなど、複数の航空会社を使えます。ジェットスターの直行便ツアーはかなり安いです。

HISの予約ページへ

まとめ

宮古島に安く旅行する方法をまとめました。

「安い時期を選ぶ」「LCC直行便の利用」「ツアーサイトの利用」

この3つで宮古島旅行の旅費を安く抑えることができます。

皆様の宮古島旅行の参考になれば幸いです。

宮古島に直行便が飛んでいる空港はどこ?安く行く方法は?
2020年4月現在、宮古島に直行便が飛んでいるのは東京、大阪、名古屋の4空港。羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港です。 羽田からはJALとANA、成田からはジェットスター、関西・中部からはANAが直行便を飛ばしています。 ...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...