名古屋から宮古島に直行便で安く行く方法

宮古島に移住して5年のshimagurashiです。

名古屋から宮古島に旅するなら便利な直行便利用がオススメ。

2017年にセントレアと宮古空港を結ぶANAの直行便が就航し、名古屋と宮古島がぐっと近くなりました。

名古屋から宮古島へ直行便で安く行く方法をまとめました。

便利な直行便

2016年まで名古屋から宮古島へは那覇経由でしか行けませんでした。乗り継ぎ時間も含め片道4時間かかっていましたが、直行便の就航で片道2時間半に短縮されました。

セントレアから宮古空港への直行便はANAの1日1往復です。

【行きの時刻表】
11時25分発 13時50分着

【帰りの時刻表】
14時20分発 17時着

中部―宮古便は夏場には搭乗率80%を超える人気路線。直行便の就航により宮古島には名古屋からの観光客が急増しています。

直行便で安く行く

名古屋から宮古島に直行便で安く行く一番の方法は、航空券とホテルがセットになったツアーサイトの利用です。

ツアーサイトを利用することで、航空券とホテルを別々に予約するより旅費を安く抑えられます。

直行便ツアーが安いオススメサイトを紹介します。

スカイツアーズ

スカイツアーズはANAの関連会社。ANAの飛行機に特化したツアーを販売しています。ANAに特化することで、他サイトに比べ安値を実現しています。

セントレアから宮古に直行便を飛ばしている唯一の航空会社はANA。スカイツアーズのANA直行便ツアーの最安値は4万円台。

格安旅行と言えばHISが有名ですが、名古屋から宮古島への直行便ツアーはスカイツアーズの方が安いです。

スカイツアーズの予約ページへ

HIS

格安旅行の王道HIS。宮古島旅行の特設ページを開設しています。名古屋から宮古島への直行便ツアーは4万円台~。スカイツアーズと同じぐらい安い時期もありますが、全体的にはやや高めです。

HISの予約ページへ

LCC那覇経由は不便

名古屋から宮古島へ行く方法は、那覇経由と直行便の2択。

那覇経由だとセントレア-那覇のLCC利用で旅費を抑えられますが、那覇―宮古島が割高なので、旅費総額はそれほど安くなりません。

那覇―宮古島はLCC路線がないため航空運賃が高騰しています。夏場のピーク時は片道1万円を超えます。中部―那覇のLCCの方が、那覇―宮古島のよりも安いこともよくあります。

那覇空港は国内線ターミナルとLCCターミナルが離れているので、LCCからJAL,ANAへの乗り換えはかなり不便です。

直行便に比べて移動のストレスが大きい上、格段に安いわけでもないのでLCC乗り継ぎ便利用の宮古島旅行はオススメできません。

那覇経由で安く行く

旅行日程が短く、宮古島での時間を少しでも長く有効に使いたいならJALの那覇経由便がオススメです。

JALはセントレア-那覇、那覇―宮古島とも便数が多いです。直行便より早く宮古島に到着し、遅く宮古島から帰れます。

最も滞在時間が長いパターンの時刻表です。

【行き】
セントレア→那覇
7時40分発 10時着

那覇→宮古島
10時35分発 11時25分着

【帰り】
宮古島→那覇
18時50分発 19時35分着

那覇→セントレア
20時10分発 22時着

那覇経由のJAL便利用の場合もツアーサイトを利用することで飛行機とホテルを別々に予約するより旅費を安く抑えられます。

JALパック

JALが運営するパッケージツアー「JALパック」。ANAの直行便ツアーと同程度の価格で名古屋から宮古島へのツアーを販売しています。

飛行機の時間帯によって割増運賃がかかりますが、宮古島での時間を有効に使いたい人にはJALパックの利用がオススメです。

JALパックの予約ページへ

まとめ

名古屋から宮古島に直行便で安く行く方法をまとめました。

名古屋から宮古島へはセントレアと宮古空港を結ぶANAの直行便が1日1往復しています。

乗り継ぎ便は直行便に比べ不便ですが、便数が多いので宮古島での時間を有効に使えます。

旅費を安く抑えるならスカイツアーズHISJALパック
などのツアーサイト利用がオススメです。

皆様の宮古島旅行の参考になれば幸いです。

宮古島に安く行く方法|コスパが高い時期・飛行機・ツアーの選び方
宮古島に移住して5年のshimagurashiです。 最近観光客から宮古島旅行が高くなった。飛行機もホテルも予約が取れないという声をよく聞きます。 「宮古島バブル」の影響で宮古島への旅費は全体的に高くなっていますが、安く行く方法...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...