【宮古島】リフレッシュパークプール閉鎖|台風で壊滅的被害

宮古島市のプール施設「リフレッシュパーク」が2019年の台風で壊滅的な被害を受けました。

復旧予算が確保できず、リフレッシュパークは閉鎖されます。

観光客だけでなく、子供連れの島民にも人気だった「リフレッシュパーク」。閉鎖はとても残念です。

全室プライベートプールつき。宮古島のおすすめリゾートホテル3選。ザ・リスケープフェリスヴィラスイートヴィラブリゾート

リフレッシュパークとは

リフレッシュパークは宮古島の南海岸、上野ドイツ文化村エリアにあるプール施設です。

宮古島市の公共施設で、株式会社南西楽園リゾートが運営していました。

屋外プールからは海を一望できるロケーション。室内プール、室内子供プール、ウォータースライダーがあり、子連れの観光客、島民に人気でした。

リフレッシュパークは2019年9月に宮古島を直撃した台風13号で壊滅的な被害を受けました。

宮古島市による復旧も期待されましたが、閉館が決まりました。

リフレッシュパークに変わる新たなプール施設の建設予定はありません。

台風13号

2019年の台風13号は、宮古島では5年に1度ぐらいのペースで接近する強い台風でした。ピーク時には島のほぼ全域が停電しました。

過去に宮古島に甚大な被害をもたらした台風に比べると勢力は弱いものの、宮古島直撃コースだったため、各地で被害が出ました。

リフレッシュパークプールは老朽化が進んでいて、2019年8月の台風9号で外壁が落ちる被害が出ていました。

台風9号襲来後、リフレッシュパークは休館していました。休館中に台風13号の暴風で壊滅的な被害を受けました。

外壁が壊れただけならまだしも、台風13号で施設全体が損傷し、復旧は困難になりました。

現場に行ってみた


実際に現場に行ってみて、台風の威力の恐ろしさを実感しました。

リフレッシュパークの玄関から見て左側の壁が大きく壊れています。

壁は骨組みだけが残り、建物内のプールが丸見えの状態。

窓ガラスが割れ、内部にも暴風が吹き込んでいたことが確認できます。

建物だけでなく、プール自体にも被害が及んでいて、簡単には復旧できない状態です。

夏休みやゴールデンウィークには、多くの子供たちの歓声が響いていたリフレッシュパーク。

入館料大人500円。シギラリゾートのホテル利用者は無料。施設のクオリティの割に利用料が安く、島民も重宝していただけに、閉鎖は残念です。

リフレッシュパークには、宮古島唯一のウォータースライダーがありました。

宮古島の強い日差しを気にすることなく、室内でウォータースライダーが楽しめるので、大人にも子供たちにも大人気でした。

リフレッシュパークに変わる新しいプール施設の完成を期待したいところですが、今のところ計画はありません。

全室プライベートプールつき。宮古島のおすすめリゾートホテル3選。ザ・リスケープフェリスヴィラスイートヴィラブリゾート

プールに行けないなら

リフレッシュパークはリピーター率の高い施設です。

宮古島の常連観光客の中には、毎年必ず子連れでリフレッシュパークを利用していた人たちもいます。

プールの閉鎖は残念ですが、プールに行くはずだった時間を使って新たな宮古島の魅力を発見するチャンスとも捉えられます。

宮古島は小さな島ですが、一度の滞在では回りきれないほど魅力に満ちた島です。

与那覇前浜ビーチ、砂山ビーチ、東平安名崎、イムギャーマリンガーデン、17end、渡口の浜、伊良部大橋、池間大橋、来間大橋・・・。

宮古島のビーチは個性豊かで、それぞれに魅力があります。

【宮古島】観光スポット25選|必ず訪れたい定番&穴場リスト
宮古島在住のshimagurashiです。 宮古島移住5年で宮古島のビーチ、絶景スポットに行き尽くしたので定番&穴場の観光スポットをまとめました。 「おすすめ度」「定番度」の5段階評価、海がきれいに見える時間帯も併記しました。 ...

マリンスポーツを楽しむのもありです。シュノーケリング、シーカヤック、サップ、バナナボート、パラセイリング・・・。

宮古島は子連れで楽しめるマリンスポーツも充実しています。

宮古島のマリンスポーツおすすめプラン【現地ライター推奨】
宮古島在住のshimagurashiです。 宮古島に移住して5年。宮古島のマリンスポーツはほぼ全て体験しました。 海水浴、シュノーケリング、ダイビング、サップ、シーカヤック、パラセーリング・・・。宮古島では様々なマリンスポーツが...

プライベートプール付きのホテルに泊まるのもアリです。

プライベートプールなら、他人の目を気にすることなく、リゾート気分でプールを楽しめます。

宮古島では最近、プライベートプール付きのホテルが次々に開業しています。

2019年開業「ザ・リスケープ」、2018年開業「フェリスヴィラスイート伊良部島・佐和田」は全室プライベートプールつき。

宮古島を代表する一棟貸しヴィラ「ヴィラブリゾート」もプライベートプールが人気です。

毎年お子様が宮古島旅行でプールを楽しみにしているなら、プライベートプール付きのホテルをおすすめします。

お部屋にプールがあるだけで子供たちのテンションはマックス。子供たちはプールでバシャバシャ楽しみ、親はプールサイドでリラックス。至福の時間です。

2018年開業のイラフSUIには宿泊者専用のリゾートプールがあります。

宮古ブルーの海を眺めながらプールにプカプカ。「ハワイの高級リゾートのような体験が宮古島でもできてしまう」と人気です。

屋外のプールは開放感があり、南国宮古島を全身で感じられます。

まとめ

宮古島市のプール施設「リフレッシュパーク」は2019年の台風で壊滅的な被害を受けました。

復旧予算が確保できず、リフレッシュパークは閉鎖されます。

建て直しや新たなプール施設建設の計画はありません。建物は解体される予定です。

リフレッシュパークを楽しみに宮古島に来ていた常連観光客の皆様にはプライベートプール付きのホテル宿泊を全力でプッシュします。

全室プライベートプールつき。宮古島のおすすめリゾートホテル3選。ザ・リスケープフェリスヴィラスイートヴィラブリゾート
宮古島のおすすめホテルランキング|島暮らしの私が厳選!
宮古島移住5年のshimagurashiです。 宮古島に約250件あるホテルの中から、観光客と地元での評判をもとに、おすすめランキングを作成しました。 「ビーチリゾート」「一棟貸し」「市街地ホテル」「台風に強い」「2020年開業...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...