宮古島のコテージタイプの宿7選|島暮らしの私が徹底比較

宮古島在住のshimagurashiです。

宮古島でもコテージ人気が高まっています。

一棟貸しでプライベート感のあるコテージはカップルや家族連れ、グループ旅行に大人気。

宮古島のコテージタイプのおすすめ宿を厳選しました。

宮古島のコテージ事情

宮古島のコテージは、本土のコテージとは事情が異なります。

コテージと言えば、自然豊かなキャンプ施設の中にある木造のバンガローのような一棟貸しの建物ですが、宮古島には王道コテージはありません。

宮古島は台風被害を避けるためほとんどの建物が鉄筋コンクリート造り。

鉄筋コンクリート造りの一棟貸し宿はたくさんありますが、ぬくもりのある木造コテージの宿はかなり少数派です。

逆に言えば、宮古島のコテージタイプの宿はかなり希少価値があります。

鉄筋コンクリート造りでも、沖縄古民家のコテージ風のホテルもあります。

厳選して紹介します。

プルシアンブルー


宮古島で自然豊かなコテージの雰囲気を味わいながら泊まるならプルシアンブルー。

宮古島の中央部の標高の高い場所にある宿泊施設です。

母屋が宮古島では数少ない木造の立派なコテージ。

泊まるのは芝生の庭のテント。

テントがしっかりしていて、中にベッドやコンセントも完備。

宮古島の自然と星空を満喫しながら宿泊できます。

トイレ、お風呂は母屋のコテージにあります。

宮古島出身のオーナーが自宅だった場所を改装して作った宿泊施設。

宮古島の数ある宿泊施設の中ではトップクラスに自然を感じながらワイルドに宿泊できるのがプルシャンブルー。

母屋のコテージには泊まれませんが、テントに泊まり、コテージに出入りしながら、キャンプの雰囲気を楽しめます。

ワイルドな宮古島旅行が楽しみたいなら、プルシアンブルーがおすすめです。

かたあきの里


宮古島在住の私が、イチオシするのは「かたあきの里」

施設の充実度の割に宿泊費が安く、コスパ抜群で島の雰囲気を感じられるすばらしい宿泊施設。

本当は教えたくないですが、こっそり載せておきます。

かたあきの里は木造の沖縄古民家風の建物が立ち並ぶの一棟貸しの宿泊施設。

宮古島の古き良き街並みにタイムスリップした感覚で泊まれます。

広大な芝生や花もいつもきれいに手入れされていて、とても好感が持てます。

本土のコテージのようなキャンプの雰囲気はありませんが、沖縄古民家風の木造一棟貸しの建物は木のぬくもりがあり、暮らすように泊まれます。

琉球畳の空間はここちよく、窓を開ければ風が吹き抜けます。

キッチンがあるので長期滞在にもおすすめ。各部屋に洗濯機もあります。

宮古島には一棟貸しの宿泊施設がどんどん増えてきていますが、木造の一棟貸しはほとんどありません。

「宮古島でコテージに泊まりたい」というあなたなら、島の古き良き暮らしを体感できるかたあきの里はきっと気にいるはず。

のんびりと島の空気感を感じながら泊まるならかたあきの里がイチオシ。

最近は口コミで評判が広まり、予約が取りにくくなっています。

インギャーコーラルヴィレッジ


宿泊者限定のプライベートプールがあるコテージ宿「インギャーコーラルヴィレッジ」

王道のコテージではありませんが、宿泊者だけの村のような特別な空間でプライベートステイを楽しめます。

2018年に開業した新しいホテルで、家族連れやカップルに大人気。

施設全体が赤瓦の作りで、施設内を歩いているだけでも楽しいです。

宮古島の南海岸にリゾートエリアを展開している「シギラリゾート」のホテル。

シギラリゾートは100万坪の広大な敷地を誇りますが、インギャーコーラルヴィレッジがあるインギャー地区は特に自然が豊かな場所。

入江を活かした海浜公園インギャーマリンガーデンは波も穏やかで熱帯魚が豊富な宮古島有数のシュノーケリングスポット。

夜には満点の星空が広がり、宮古島の大自然を体感できる贅沢な空間です。

シギラリゾートの数あるリゾートホテルの中で、自然派のあなたが泊まるならインギャーコーラルヴィレッジで間違いなしです。

RuGu


宮古島と橋でつながる来間島のグランピング宿「RuGu」

宮古島のトレーラーハウス宿泊施設の先がけです。

来間島の穴場ビーチ長崎浜から歩いてすぐの場所に、トレーラーハウス20棟が連なります。

トレーラーハウスはコンテナハウスのような感じでやや狭く、コテージの開放感はありませんが、芝生がきれいで自然を体感しながら宿泊できます。

カップルや若者のグループ旅行に人気で、バーベキュープランも充実しています。

フェリスヴィラスィート佐和田


宮古島と橋でつながる伊良部島の一棟貸し宿。フェリスヴィラスイート佐和田。

宮古島には一棟貸しタイプの宿が急増していますが、フェリスヴィラスィート佐和田は自然豊かなロケーションが魅力。

ホテルの目の前は宮古ブルーの海。周辺にはサトウキビ畑が広がるのどかな場所です。

芝生の空間「フェリスパーク」ではキッチンカーが朝食を提供。ハンモッグや子供用の小さな遊具もあります。

自然の雰囲気を楽しみたいけど、コテージのようなしっかりした建物でふかふかのベッドでぐっすり眠りたいというあなたにはフェリスヴィラスイート佐和田がピッタリ。

各部屋にプライベートプールが完備されていて、一棟貸しホテルとしてのポテンシャルは宮古島最高級。

2021年には楽天トラベルシルバーアワードを受賞。宿泊者からの口コミ評価がとても高いです。

ヴィラカリマタ


宮古島の北側、池間大橋の手前にあるヴィラカリマタ。

池間大橋に向かう一本道の途中にポツンとある1日1組限定のリゾートヴィラです。

リビングも寝室もとてもゆとりのある作り。最大10名まで泊まれます。

リビングにはガラス張りの大きな窓。窓の外にはプライベートプールがあり、宮古ブルーの海を見ながらプールで遊べます。

夕方には夕日もバッチリ。ポツンと一軒家状態で周りに家がないので夜は満点の星空を楽しめます。

建物は「コテージ」というよりは洗練された近代的な雰囲気ですが、宮古島の自然を感じながらのプライベートステイにはピッタリのヴィラです。

ヴィラブリゾート


宮古島と橋でつながる伊良部島のヴィラ施設「ヴィラブリゾート」

全6棟のプライベートプール付き、隠れ家的な高級ヴィラ。夏のトップシーズンは予約が取りにくい人気宿です。

建物は一棟一棟完全独立。

沖縄の民家をイメージした赤瓦のヴィラはプライベート空間が保たれていてゆったりとくつろぎながら至福の時間を過ごせます。

リゾートと自然が調和した、コテージ好きのあなたにもおすすめの高級ヴィラです。

まとめ

宮古島のコテージタイプの宿を厳選しました。

宮古島には王道コテージはありませんが、木のぬくもりを感じる自然豊かな宿泊施設やキャンプ施設は充実しています。

大自然を感じられるプライベート感のある高級ヴィラも次々にオープンしています。

ホテル選びも旅の楽しみの一つ。すてきな宿に出会えますように。

宮古島のおすすめホテルランキング|島暮らしの私が厳選!
宮古島移住5年のshimagurashiです。 宮古島に約300あるホテルの中から、観光客と地元での評判をもとに、おすすめランキングを作成しました。 「ビーチリゾート」「一棟貸し」「市街地ホテル」「台風に強い」「2020〜202...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。宮古島の知名度は今より低く、移住希望者もそれほどいませんでした。 大きな変化の波にのまれた宮古島。移住した当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えました。 南国宮...