宮古島に富裕層バブルが来る|セレブの島の真相

宮古島在住のshimagurashiです。

感染症の収束で観光客が急増している宮古島。

島では富裕層バブルが来ると噂です。

宮古島はセレブの島になってしまうのか。真相は・・・

宮古島バブル

感染症の流行前、宮古島はバブルと表現される狂乱の好景気でした。

伊良部大橋の開通、下地島空港の新ターミナル開業、LCCの参入、中国からのクルーズ船。

年間40万人台だった観光客は100万人超。

島には観光客が溢れ、居酒屋は全て満席。

建設業の出稼ぎ労働者と飲食店・居酒屋・キャバクラのリゾートバイトで移住者が急増。

急に住む人が増えた島は賃貸空き物件がない異常事態に陥りました。

新築ワンルームが家賃10万円を超え、新築戸建ての建坪単価は150万円。

建設業界は絶頂で、仕事を断る忙しさ。

静かな島は、騒がしくなり、バブルという言葉が一人歩きし、島外から営利目的の企業が次々参入してきました。

新しいホテルが次々開業し、アパート建設も止まらず、飲食店やカフェも続々オープン。

感染症の流行で2020年、2021年は一時的に島が静かになりましたが、2022年に再び騒がしくなっています。

アパート建設は落ち着きましたが、ホテル建設は水面下で続いていました。

大型リゾートホテル計画が島のあちこちで進み、建設業界は変わらずウハウハで業績は右肩上がり。

2年間の空白を経て再び動き出した宮古島バブル。島では富裕層を取り込む動きが加速。観光業界では次に来るのは富裕層バブルと噂です。

二極化するホテル

宮古島ではホテルの二極化が進んでいます。

コスパがいいリーゾナブルなホテルもありますが、高級志向のホテルが急増中。

ゴールデンウィークや夏休みは家族で1泊10万円もざらです。

5年前まではこんな高いホテル誰が泊まるんだという価格設定でも今の宮古島は予約が埋まります。

自粛生活で旅行を我慢していて人たちが2年ぶりに宮古島に来ているので、羽振りはいいです。

ホテルもレンタカーも2年間の空白を埋めるため強気の価格設定。

資金力がある新規開業ホテルは莫大な宣伝費もかけていて、観光客の目にとまり、高くても予約が埋まっています。

以前は1人5万円で2泊3日の宮古島旅行は余裕で楽しめましたが、今は全体的に旅費が高騰。

宮古島に遊びに来る友人には「ホテルもレンタカーも今は高いから気をつけて、レンタカーはホテルより先に埋まるから要注意」とアドバイスしています。

実際にリサーチしてみると、ピーク期はレンタカーが軽でも1日1万円超は当たり前。ホテルも5万、10万とあまりに高くて目がくらみます。

富裕層以外泊まれないほど高いホテルも散見されるようになりました。

宮古島は旅費が高いからと旅行を諦める人もいます。

セレブしか楽しめない

宮古島は本来お金のかからない島。島の雄大な景色、海の色、圧巻のビーチ。全て無料です。

5年前まではお金はかけずに静かな島でのんびり時間を楽しむ観光が主流でしたが、今は旅の目的が変わってきました。

ジェットスキー、パラセイリング、サップなど次々にお金のかかるアクティビティが登場。

島外の業者や宮古島移住者が、金稼ぎのために始めたビジネスのせいで島は騒がしくなり、観光客が金をかけて島を旅する仕組みができてしまいました。

ヤクザ、反社、半グレも増えていて、海には刺青の入ったオニイサン、オネエサン、怖いオジサンも増えています。

LCCと格安ゲストハウスを使えば、今でも金をかけずに宮古島旅は楽しめますが、高級志向の観光客が増加中。

海外旅行に行けず、ハワイから旅先を宮古島に変更した観光客は、お金の使い方も派手。

観光客は島に金を落として宮古島に貢献しているつもりでも、その金は島外業者や宮古島に来たばかりの移住者に渡っています。

島を騒がしくするビジネスに観光客が金を払えば払うほど、ずる賢い島外組が儲かり、根っからの宮古島人は儲からない。

昔から続いてきたことですが、外資に金が渡る流れはここ数年で一気に加速。

前浜でブンブン観光客をジェットスキーで乗り回してる怖い人たちはかなり儲かってますが、これでいいのか。

都会の海水浴場のような、客引きや殺伐とした雰囲気もあります。

ジェットスキーのエンジン音など島の人は求めていません。

素朴な島が好きだったリピーターはもう島にはかない方がいいです。

富裕層バブル

宮古島の富裕層バブルの本番はこれから。

島ではセレブを受け入れる準備が着々と進んでいます。

海外の本物のセレブが旅先に宮古島を選ぶ日も遠くありません。

仕掛け役は、不動産大手、三菱地所。

宮古島に不動産バブルのポテンシャルを見出し、この5年で大規模開発を進めています。

三菱地所は2019年に宮古島と橋で繋がる下地島空港に新ターミナルを開業。

国際線、海外からのプライベートジェットを受け入れています。

渡航制限が解除されれば国際空港として飛躍的に伸びる可能性があります。

今は香港から定期便が飛んでいるだけですが、アジア各国からの路線開設を目指し、ヨーロッパの富裕層を宮古島に取り込もうと本気です。

三菱地所は2023年にヒルトン、2024年にローズウッドと、世界的ブランドのホテルを開業予定。

ヒルトンはビーチと伊良部大橋が目前の広大な埋立地に建設されていて開業前から大注目されています。

宮古島東急リゾートと同じ規模の大型リゾート。開業すれば話題沸騰間違いなし。

日本ではなじみがありませんがローズウッドは超高級な世界的リゾートホテルブランド。

海岸沿いの原野を大胆に切り崩し、一棟貸しリゾートが並ぶセレブ空間を建設中。

プライベートジェットで下地島空港に乗り付け、超高級ローズウッドに宿泊という三菱地所が描いた未来は目の前まで来ています。

宮古島のビーチリゾートとしての世界的な知名度が高まれば、富裕層バブルに火がつきます。

静かな、知る人ぞ知る癒しの島。石垣島に比べれば観光客も知名度も低いが、海は圧倒的に美しくリピーター率が高かった宮古島。

宮古島は外からの力で大きな変貌を遂げています。

素朴だった女子高生が大学でメイクを覚え、彼氏ができて変わっていくように、宮古島は外からの力で大変革しています。

これ以上モテなくていいのに、次々に声がかかる宮古島。海外セレブが手を出すのは避けられません。

もう止まらない

富裕層バブルが引き金になり、飛行機代、ホテル代、レンタカー代、飲食代、全てがさらに高くなりそう。

物価高騰で値上げがトレンド化しているので、ここぞとばかりに稼ごうと鼻息の荒い人たちもいます。

観光で島を豊かにと一歩一歩進んできた宮古島。

島は賑やかになりましたが、豊かになったかは不明。

宮古島バブルで島民憩いのパイナガマビーチを中国人観光客が埋め尽くしているのを見て、誰もが、これはやりすぎだと気づきました。

このままでは同じ過ちを繰り返します。

でももう、過ちに突っ込んでいく道しかありません。

イケイケドンドンで観光客200万人を目標にした宮古島は、オーバーツーリズムに陥りました。

今は量から質へが観光関係の上層部のキーワードになっています。

でも現場は止まりません。

量を増やして稼ぎを増やす。

島がどうなるかなど、知ったことではない。

現場の業者は空白の2年間をいかに取り戻して稼ぐかに必死です。

宮古島の行く末は・・・

富裕層もセレブも庶民観光客も島の人も、全員がハッピーになる道はあるのだろうか。

宮古島ヒルトンホテル開業へ|世界的ホテルブランドの評判は?
世界的なホテルブランド「ヒルトン」のホテルが宮古島に開業します。 東京ドームよりもひと回り大きい広大な敷地に建設されるリゾート。 ホテルは2021年2月に着工済。2023年に開業予定です。 宮古島ヒルトンホテルの概要...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。宮古島の知名度は今より低く、移住希望者もそれほどいませんでした。 大きな変化の波にのまれた宮古島。移住した当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えました。 南国宮...