森末慎二の宮古島ライフ|天丼店経営&ゴルフ三昧

宮古島に移住して5年のshimagurashiです。

オリンピック体操競技の金メダリスト、森末慎二さんは現在宮古島に移住し、天丼屋を経営しています。

仕事の拠点は東京にあり、完全に移住しているわけではありませんが、宮古島での目撃情報は多いです。宮古島滞在中は天丼屋にいることもありタイミングが合えば出会えます。

森末慎二さんが経営している天丼屋、森末さんの宮古島の別荘、宮古島に移住している芸能人をまとめました。

みゃ~く商店

森末慎二さんが経営する天丼屋は「みゃ~く商店」。「みゃ~く」は宮古島の言葉で「宮古」の意味です。

「みゃ~く商店」は宮古島のお土産スポット「島の駅みやこ」の向かいにあります。市街地エリアで交通量が多い場所です。

開店は2018年。店内にはテーブル席4つとカウンター席があります。天丼専門店で、看板メニューは車海老天丼。宮古島産の車海老が豪快に3つのった天丼です。


宮古島は車海老の養殖が盛んです。養殖された車海老はほぼ全て島外に出荷されます。お歳暮商品として人気で、パック詰めで凍らせて出荷するのが定番です。

島内に流通していなかった車海老に目をつけたのが森末慎二さん。「みゃ~く商店」は宮古島産車海老を宮古島で食べられる数少ないお店です。

車海老天丼には、車海老3尾と季節の野菜のてんぷらが乗っています。私が食べた時は、なす、カボチャ、パパイヤのてんぷらが入っていました。

車海老はサクサクしていて甘味があっておいしかったです。車海老の頭もカラッと揚げられているので食べやすいです。パパイヤのてんぷらは想像以上に甘く、食感はシャキシャキしていました。

車海老天丼と並ぶ人気メニュー「ミックス丼」には車海老とグルクンのてんぷらが入っています。グルクンは沖縄でよくとれる魚。初めての方には車海老天丼がオススメですが、グルクンもおいしいです。

味は良いのですが、値段が高めなのが気になります。車海老天丼、ミックス丼は共に1500円。宮古島の人はランチにはお金を使いません。300円ぐらいの弁当で済ませる人が多いです。

私も興味本位で一度は食べましたが、それ以降お店には行っていません。


「みゃ〜く商店」
【住所】宮古島市平良久貝868
【電話】0980-79-9996
【定休日】日曜日

ビジネスか道楽か

「みゃ~く商店」は森末さんの天丼好きが高じて開店したお店。宮古島でおいしい天丼を食べられる店がなかったため、自分で作ったようです。

森末さんは経営者ですがビジネスというよりは道楽で店を開いています。店に「儲けよう」という雰囲気はありません。

宮古島の車海老は高級品なので価格はどうしても高くなってしまいます。ビジネスとして成り立たせるなら宮古島で天丼屋は厳しいです。

残念ながらお店はそれほど繁盛していません。大通り沿いなのでよく店の前を通りますが、いつもガラガラです。

地元の人には高すぎます。観光客には宮古そばや沖縄料理の店が人気。車海老も立派な宮古島の名産品ですが、天丼を食べたいという観光客は少数派です。

別荘暮らし


森末さんは宮古島の北側、サトウキビ畑の中にポツンと一軒家を構えて住んでいます。芸能人としての仕事を続けているので、生活の拠点は東京。

徹子の部屋やシンソウ坂上などのテレビ番組では「宮古島移住」と紹介されていますが、実際は宮古島に別荘を持っている芸能人です。


芸能人の別荘なので、住所など詳しい情報は差し控えますが、場所は島の北側の宮古特別支援学校近くです。

宮古島から池間島に向かう幹線道路を少し入った場所に二階建ての別荘があります。サトウキビ畑が広がり遠くに海が見える、良い立地。

夕方にはサトウキビ畑の向こうの海に沈む夕日が見えます。周りに家や街灯がないので、夜は星空がとてもきれいです。

家の近くからの眺めはこんな感じです。


森末さんは毎月一回ぐらいは宮古島に来ていますが、東京にいる期間の方が長いようです。

森末さんが初めて宮古島に来たのは約15年前。沖縄ののんびりした雰囲気が気に入り、土地を買って別荘を建てました。

テレビ番組で森末さん自身も話していますが、宮古島は現在「バブル」といわれる好景気。土地の価格や家賃が高騰しています。家賃は東京並みとも言われていて、1DKで10万円の物件も普通にあります。

宮古島のバブルの実情についてはこちらの記事にまとめました。

宮古島バブル崩壊へ 島の経済が破綻する3つのシナリオ
人口5万4000人の沖縄の離島、宮古島。伊良部大橋の開通で観光客が急増し、島は「宮古島バブル」と言われる異常なまでの好景気。 地価が高騰し、島外から“外資”とも呼べる観光関連企業が次々に進出。開発の勢いはすさまじく、市街地エリアや海沿...

森末さんが土地を購入し、別荘を建てたのは宮古島がバブルになる前。宮古島在住の私から見ると、森末さんは勝ち組。今から家を建てようとしている人は負け組です。

もし森末さんが別荘を売却すれば建てた時以上の高値で売れてしまうと思います。宮古島はそれほどバブルです。

バブルで儲かる企業もありますが、移住者はバブルを歓迎していません。森末さんも、私のような名もなき移住者も、離島での静かな暮らしに憧れて宮古島に移住してきました。今の宮古島は騒がしすぎます。

宮古島バブルで森末さん、移住者が困っていることはこちらの記事にまとめました。

森末慎二さんが宮古島別荘暮らしで困っていること
宮古島に移住して5年のshimagurashiです。 オリンピック体操金メダリストの森末慎二さんは2011年に宮古島に別荘を購入し、仕事がオフの時は宮古島で暮らしています。 ゴルフをしたり天丼店を経営したりと島暮らしを満喫してい...

趣味ざんまい

森末さんは宮古島で趣味のゴルフを楽しんでいます。宮古島にはゴルフのチャンピョンコースが3つありゴルフ愛好家に人気。冬でも暖かいのも大きな魅力。海外からもゴルフを目的に旅行客が来ます。

宮古島在住の私の耳に入ってくる森末さんの目撃情報は「ゴルフ場で見た」「居酒屋にいた」「カラオケにいた」など。「普通に天丼屋にいた」という目撃情報も多いです。

森末さんは移住生活を満喫していて、同じ移住者の私から見てもとてもうらやましいです。私のような、宮古島にコネもなく、お金もない移住者は、宮古島に移住しても仕事をしなければなりません。

「宮古島移住って夢みたい」と友人に言ってもらえますが、現実は家と会社の往復の毎日だったりします。それでいて給料は驚くほど少ないです。森末さんは典型的な移住成功者。島暮らしを満喫するためにはお金と時間の余裕が必要です。

宮古島に移住した芸能人

沖縄は芸能人にも大人気。宮古島に移住している芸能人は森末さん以外にもいます。

最も有名なのは元光GENJIの赤坂晃さん。宮古島の歓楽街で589という焼肉屋を経営しています。森末さんと違い、赤坂さんは宮古島が生活の拠点。息子が宮古島の高校に通っています。

赤坂さんは覚せい剤使用で逮捕された後に宮古島に移住しました。背が高く目立つのですぐに見つかりそうですが島での目撃情報は少ないです。私は一度だけ589で見かけました。目力があり、芸能人オーラがありました。

「どんまいける」のギャグで一世風靡したマイケルさんも宮古島に移住しています。マイケルさんは女性問題をきっかけに表舞台から姿を消したと言われています。2019年に宮古島に移住し「唄者」として民謡居酒屋で三線をひいています。

今後、宮古島移住が噂されているのが、嵐のリーダー大野智さん。週刊誌が「活動休止後は宮古島転居」と報じたことで一気に噂が広まりました。残念ながら国民的アイドルの大野智さんには宮古島移住はオススメできません。オススメできない理由はこちらの記事にまとめました。大野さんはこのブログは呼んでいないと思いますが、大野さんの参考になれば光栄です。

嵐の大野智くんに宮古島移住をオススメできない理由
2020年末で芸能活動を休止する嵐の大野智くんが、引退後東京脱出を計画していてその最有力候補が宮古島だという記事が週刊誌に掲載されました。 宮古島に移住して5年の私なりに、移住先としての宮古島の魅力、宮古島に移住した芸能人、大野くんが...

まとめ

森末慎二さんは静かな暮らしに憧れて宮古島に別荘を建て、東京と行き来しながら暮らしています。2018年には天丼屋をオープン。大好きな天丼店を経営し、趣味のゴルフを楽しんで、宮古島暮らしを満喫しています。

森末さんの移住生活を知って「私も南の島に移住したい」と興味を持った皆様に向けて、当ブログでは様々な視点から移住情報を発信しています。皆様の参考になれば幸いです。

宮古島の芸能人目撃情報 移住している有名人は?
宮古島に住んでいると芸能人の目撃情報をよく耳にします。宮古島は狭い島なので芸能人目撃の噂はあっという間に島内に広がります。 森末慎二さんのように、宮古島に移住した芸能人もいれば、千原ジュニアさんのように宮古島好きを公言し、何度も島に来...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...