冬の宮古島の気温・服装は?いつまで泳げるの?

常夏のイメージがある沖縄の離島、宮古島。冬はどれぐらい気温が下がるか。どんな服装が適しているのか。移住5年の私の実感を交えてまとめました。

宮古島の冬は12月~2月

宮古島に5年住んだ私の実感です。

春 3月
夏 4月~9月
秋 10月・11月
冬 12月~2月

1年の半分は夏で、春と秋はとても短い。冬は一応3ヶ月ありますが、冬でも夏のような日差しを感じる日もあります。宮古島が大好きで移住した私は、移住当初は夏が好きでしたが、夏の暑さがあまりにハードで今では夏が嫌いになりつつあります。

冬(12月~2月)の宮古島の気温は最高気温が20度、最低気温が16度ぐらい。昼と夜の気温差が小さく、夜になっても気温が下がらないのが本土とは大きく異なります。(一日の寒暖差が小さいのでブドウやモモなどの果物の栽培には適していません。)

年によっては、冬でも25度を超える日もあります。クリスマスなのに半袖、お正月なのに半袖の年もありました。

一年に一度あるかないかですが、最低気温が10度を下回ることもあります。宮古島が一番寒いのは1月下旬。年によってはこの時期に8度ぐらいまで下がります。

気温よりも風に注意

宮古島を冬に観光するなら、天気予報で気温だけでなく風の強さを見ることをオススメします。特に冬の海は北風がかなり強いです。

天気予報で風向きが北、北東、北西の日は、風が強く寒くなることが多いです。風向きが北で、風速が10メートルを超えるような日は要注意です。

逆に冬でも風向きが南、南東、南西の日は、冬とは思えないほど気候が穏やかです。宮古島では、台風の時以外、南風が強く吹くことはありません。風はだいたい5メートル以下。冬でも風向きが南の日は、常夏の宮古島を満喫できます。

冬の服装選び

気温が15度を下回り、北風が強い日は、半袖は無理です。長袖シャツ一枚でも寒いです。重ね着をして、ウィンドブレーカーや薄手のダウンジャケットのような、風を防ぐ素材の服を持って出かけることをオススメします。

宮古島の冬の防寒着として、セーターやカーディガンは適しません。風を全く防いでくれないので体が温まりません。セーターやカーディガンよりも、ウィンドブレーカーや薄手のダウンジャケットが適しています。

年によりますが、ヒートテックが活躍することもあります。私は宮古島移住前にヒートテックを全て処分しましたが、移住3年目に買いました。気温が低く風が強い日に長時間外にいる時などは役立ちます。

冬も泳げる?

せっかく宮古島に来たならマリンレジャーを満喫したいところですが、一年中海に入れるわけではありません。

海に入れるのは、海開きがある4月~10月ぐらいまで。寒さを感じずに海水浴ができるのは5月~9月まで。4月、10月は短時間なら海に入れますが、長時間海に入るならウェットスーツは必須です。

ダイビング業者も稼ぎ時の夏に比べれば、冬は閑古鳥。夏はマリンレジャーの仕事をし、冬はアルバイトでつないでいる移住者も多いです。

冬もビーチの美しさは夏と変わりませんが、水着で海に入る人はいません。冬に海に入る人は、5ミリほどの分厚いウェットスーツを着ています。

冬の宮古島あるある

移住1年目は、宮古島の冬は暖かくてすばらしいと思っていましたが、2年目からはすっかり本土の寒さを忘れ、宮古島の気候に慣れ、気温15度でも「寒い」と言うようになりました。

少し厚着をすれば、寒いなんてことはあり得ない気温なのですが、宮古島で暮らしていると薄着で外出することが多いので、半袖で外に出て真顔で「寒い」と言ったりしています。

冬に気温が10度以下になるような日には、熱帯魚が仮死状態で砂浜に打ち上げられます。熱帯魚は水温が下がると、死んだように体が動かなくなり、泳げなくなるのです。

急に気温が下がるタイミングで早朝にビーチに行くと、固まった熱帯魚がごろごろ転がっています。1年に1回あるかないかの珍しい現象ですが、コンビニ袋を持って熱帯魚を拾いにくる地元の人たちの姿は宮古島の真冬の風物詩です。

天気予報は外れがち

宮古島の天気予報は日本一あたりにくいと言っても過言ではないほどよく外れます。広い海の中にポツンとある小さな島なので、天気予報が難しいのも仕方ないと思います。

特にウェザーニュースは驚くほど外れます。沖縄の天気予報は適当にやってるのか?と思うほどよく外れます。気象庁発表の天気予報はウェザーニュースに比べるとあたります。

特に夏の天気予報が外れがち。冬は夏に比べればましですが、本土の天気予報に比べるとかなり外れる確率は高いです。雨と言っていたのに晴れたり、晴れと言っていたのに雨だったり。

天気予報では雨なのに、宮古島に飛行機でついてみたら快晴なんてこともありました。

冬の天気は気まぐれ

宮古島の冬の天気は気まぐれです。

晴天続きの年もあれば、曇天続きの年もあります。

何週間も曇りの日が続いたかと思えば、一週間晴れ続けることもあります。

平均すると、宮古島の冬は1週間のうち4日曇って3日晴れるぐらいの割合です。冬でも晴れた日の海は夏と変わらず美しいです。

宮古島は日本でも有数の夕日スポット。晴れれば絶景の夕日が見えます。一年のうちで、冬の夕日が一番美しいです。

冬は夏よりも空気が澄んでいます。夏は晴れていても水平線近くに入道雲があることが多いです。冬は運が良ければ水平線に沈むまんまるの夕日が見えます。

12月に撮影した夕日と、1月の海の写真です。さすが常夏の宮古島!絶景です!




冬は割安

夏の観光トップシーズンに比べると、冬の宮古島旅行は割安です。

特に、飛行機とホテルがセットになったツアー旅行が安いです。

移住前の私は飛行機とホテルを別々に予約していました。移住後、宮古島旅行の主流がツアー旅行だということを知りました。

ツアー旅行は、飛行機とホテルを別々に予約するよりも安いです。

人気のホテルはすぐに満室になりますが、ツアーサイト経由だと予約できることがあります。ツアー旅行会社はあらかじめホテルの部屋を一定数抑えているので、直前でも人気のホテルを予約できることがあります。

宮古島旅行のオススメツアーサイト一覧です。

JALパック

宮古島ツアー旅行の王道はJAL系の飛行機とホテルがセットになったJALパックのツアー。JALパックは宮古島に観光客が少なかった時代から継続してツアー旅行を組んでいて選べるホテルがとても多いです。

JALの羽田―宮古直行便は早朝発、深夜着なので宮古諸島での時間を有効に使えます。JALは那覇―宮古の便数が多く乗り継ぎ便の選択肢が多いのも嬉しいポイントです。

JALパックの予約ページへ

J-TRIP

JALパックと同じくJALの飛行機を利用したツアー予約サイト「J-TRIP」。JALパックとは運営会社が違うので料金プランが違います。

J-TRIPの予約ページへ

スカイツアーズ

ANAの飛行機を利用した旅行会社。宮古空港ではANAが勢力を拡大しています。2015年以降、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港からの直行便が次々就航しています。

ANAの路線拡大に伴い、スカイツアーズが取り扱う宮古島へのツアーはかなり充実しています。直行便利用のツアーが安いと評判で大都市圏からの旅行者に人気です。

スカイツアーズの予約ページへ

JTB

国内最大手の旅行会社JTB。ネット予約できる宮古島ツアーも充実しています。飛行機とホテルがセットになったフリープラン、添乗員同行の観光バスツアーつきプランを選択できます。行きはJAL、帰りはANAなど、複数の航空会社を使えます。

JTBの予約ページへ

HIS

安さが売りのHIS。宮古島旅行の特設サイトを開設し宮古島ツアーに力を入れています。JTBに比べると選べるホテルが少ないですが、宮古島のメジャーなホテルはほぼ取り扱っています。

HISの予約ページへ

宮古島は秋がベストシーズン 観光客には10月がオススメ
10月に入り、やっと気温が下がってきた宮古島。 宮古島の夏は、毎日最高気温32度。最低気温27度。 これが6月~9月までずーっと続きます。 移住したての頃は、宮古島の夏が大好きでしたが、移住5年の今は、夏よりも秋の方が断然...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...