宮古島のキャンプ場・グランピング施設・キャンピングカー事情

宮古島移住5年のshimagurashiです。

宮古島の大自然を全身に感じながら旅するなら、グランピングやキャンピングカーの利用がオススメです。

宮古島のキャンプ場やグランピング施設の情報、キャンピングカーレンタルについてまとめました。

キャンプ場はある?

宮古島に、観光客が手ぶらでふらっと行けるキャンプ場はありません。

宮古島でキャンプを楽しむなら、宿泊施設が提供するグランピングプランの利用がオススメです。

自力でキャンプをするには、テントなどを持ち込む必要があります。

宮古島在住者でキャンプ好きの人たちは、自分たちでテントをビーチに持ち込んだりしてキャンプを楽しんでいます。

誰もいない夜のビーチは、慣れない人にとっては恐い場所ですが、キャンプ愛好家には、暗さとちょっとしたスリルがたまらないようです。

水道もトイレもないビーチにテントを建て、波の音を聞きながら眠りにつき、朝日と共に目覚める。

宮古島には、そんなワイルドなキャンプを楽しんでいる人たちがいます。

宮古島の海は、昼は多くの観光客で賑わいますが、夜は全く人がいません。海はとても静か。波の音以外何も聞こえません。

夜はヤシガニやヤドカリが活発に動き出す時間帯でもあります。ウミガメがビーチに上がって産卵することもあります。

夜のビーチは生き物が主役。人間はとても小さい存在に感じられます。

よほどキャンプに慣れているキャンプ上級者なら、島外からテントを持ち込んでビーチでキャンプという選択肢もありますが、土地勘がない人にはオススメできません。

夜の海は真っ暗で、他にキャンプしている人たちはいません。コンロとダッチオープンを持ち込めば、料理もできますが、ライトがないとかなり暗いです。

テント周辺は真っ暗。日が暮れればライトをつけて読書するかスマホを見るぐらいしかできません。

よほどワイルドな人なら、明かりを消してたそがれを楽しめるかもしれませんが、慣れない人は5分で心細くなります。

キャンプ初心者、中級者には、グランピングできる宿泊施設の利用がオススメです。

グランピングできる施設

宮古島にはグランピングできる宿泊施設が2ヶ所あります。オーナーの人柄や施設の立地条件がかなり違うので、ホテル予約サイトで口コミを確認し、自分にあった宿泊施設を選びましょう。

プルシャンブルー

宮古島で初めてグランピングを取り入れた宿泊施設。2015年開業のきれいな施設です。

島のまんなかの、島で一番標高が高い場所にあります。宮古島は平らな島なので、一番標高が高いとはいえ海抜110メートルほどです。

宮古空港から車で15分と移動にも便利な場所です。

施設全体がキャンプ場のような雰囲気です。

母屋は大きなログハウス。トイレやお風呂、洗面台、水道が使えて便利です。

ログハウスの周辺にテントタイプの宿泊施設が8棟ほどあります。

テントはベッド2台がすっぽり入る広さ。1人がけのソファ2つとテーブルがあり、見た目以上に中は広いです。

テントはログハウスの隣の芝生エリアに並んでいます。きれいに芝が刈られ、夜には火があたりを照らします。

隣のテントとの距離があり、プライベート空間が保たれています。

「プルシャンブル―」サトウキビ畑に囲まれた場所にポツンとあり、周辺に住宅はありません。普段の喧騒を忘れられる場所です。

周辺が暗いので星空がとてもきれいに見えます。

オーナーは宮古島出身。60代ぐらいのワイルドなおじさんです。「いかにもキャンプ好き」という雰囲気が漂う元気なオーナーです

充実のテント泊が魅力の「プルシャンブルー」。キャンプ初心者でもキャンプ気分を十分味わえる施設です。

Rugu

海の近くでグランピングを楽しみたい人には来間島のRuguがオススメです。

2019年に開業した新しいグランピング施設です。

来間島の穴場ビーチ「長崎浜」まで歩いて1分の場所にトレーラーハウス型の宿泊施設が並びます。

トレーラーハウスにはウッドデッキがあります。階段で屋上に上ることもできます。

トレーラーハウス内にはトイレや洗面台、お風呂があり、全く不便を感じることはありません。

開発が進む宮古島では夜でも明るい場所が増えてきていますが、来間島のRugu周辺は近くに民家や宿泊施設がなく、星空がとてもきれいに見えます。

夏の晴れた日には天の川もバッチリ見えます。

Ruguのグランピングは若者に人気。スタッフは20代~30代ぐらいの若者が多く、アミニティや調度品がハイセンスだと評判です。

トレーラーハウス型の宿泊施設には4人まで泊まれます。グループでのグランピングにもオススメです。

Ruguにはウッドデッキでバーベキューを楽しむプランもあります。

キャンプに必要なものは全て揃っているので、グランピング初心者でも心にゆとりを持ってグランピングを楽しめます。

キャンピングカー

宮古島でキャンプ好きの観光客に人気なのがキャンピングカーのレンタル。

宮古島の東海岸にリゾートエリアを展開する「オーシャンズリゾート」が2018年にキャンピングカーを50台ほど導入しレンタルしています。

キャンピングカーは宮古空港の近くでレンタルできます。空港から受付場所までは車で送迎してくれます。

キャンピングカーの車内はエアコン、冷蔵庫、コンセント完備でとても快適。乗車定員は7人。5人分のベッドがあります。

オーシャンズリゾートが展開するリゾートエリア内にキャンピングカー利用者用のキャンプサイトがあり、大浴場やレストランを利用できます。

宮古島の観光スポットは島のあちこちに点在していて、旅行にレンタカーは必須。

キャンピングカーならレンタカーとホテルを一度に借りられるので、とてもお得。「移動するホテル」で快適に旅を楽しめます。

キャンピングカーは普通免許があれば運転できます。

宮古島をアクティブに楽しむならキャンピングカーの旅がオススメ。特に小さな子供連れのファミリーに人気です。

キャンピングカーレンタルの詳細はこちら(アソビュー)

まとめ

宮古島のキャンプ場、グランピングできる宿泊施設、キャンピングカーレンタルについてまとめました。

宮古島にはキャンプ場はありませんが、グランピングできる宿泊施設があります。

プルシャンブルー」「Rugu」は、初心者でもグランピングを楽しむことができ、宮古島の自然を全身で体感できる施設です。

宮古島をアクティブに楽しむなら、「移動するホテル」キャンピングカーの利用もオススメです。

宮古島に安く行く方法|コスパが高い時期・飛行機・ツアーの選び方
宮古島に移住して5年のshimagurashiです。 最近観光客から宮古島旅行が高くなった。飛行機もホテルも予約が取れないという声をよく聞きます。 「宮古島バブル」の影響で宮古島への旅費は全体的に高くなっていますが、安く行く方法...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...