宮古島の梅雨入り梅雨明けはいつ?5月・6月の天気、気温は?

宮古島の梅雨はいつからいつまでなのでしょうか。

気象庁では毎年沖縄の梅雨入り、梅雨明けを発表していますが、宮古島の梅雨入り、梅雨明けの発表はありません。

5年間宮古島に住んでいる感覚からすると、宮古島の梅雨は4月下旬~6月上旬頃。沖縄本島より早く梅雨がやってきます。

宮古島の梅雨入り、梅雨明けの時期。5月・6月の天気・気温・服装についてまとめました。

気象庁の発表はない

気象庁は関東甲信、近畿など地区ごとに梅雨入り、梅雨明けを発表しています。

関東甲信の平年値は、梅雨入りが6月8日、梅雨明けが7月21日。

沖縄の平年値は梅雨入りが5月9日、梅雨明けが6月23日。

宮古島や石垣島など、離島の梅雨明け発表はありません。

沖縄本島と宮古島は直線距離で300キロ離れています。東京と名古屋ほどの距離です。300キロも離れているので、沖縄本島の梅雨入り梅雨明け時期がそのまま宮古島にあてはまるわけではありません。

住んでいる感覚からすると、宮古島の梅雨は沖縄本島以上に早くやってきます。

宮古島の梅雨入り・梅雨明け

沖縄の梅雨入りの平年値は5月8日ですが、宮古島はもう少し早く梅雨に突入します。早い年には4月下旬、遅い年には5月上旬頃から梅雨のような天気になります。

5月中旬・下旬の宮古島は本格的な梅雨らしい天気になります。

梅雨明けも沖縄本島よりも早いです。沖縄本島の梅雨明けの平年値は6月23日ですが、宮古島は6月上旬には梅雨明けしています。6月の宮古島は晴天の日が多いです。

5年間宮古島で暮らしている私の感覚では、宮古島の梅雨は4月下旬から6月上旬です。

梅雨でも雨が少ない

宮古島の天気はとても変わりやすいです。梅雨でも毎日曇っているわけではありません。梅雨時期でも真夏のような晴天の日もあります。

梅雨らしく何日も曇り空が続く時期も、雨は少ないです。朝から夜まで雨が降り続ける日はほとんどありません。

1日の中でめまぐるしく天気が変わります。晴れていたと思えったら10分後に雨が降りだすこともあります。同じ宮古島で砂山ビーチは晴れているのに新城海岸はどしゃぶりなんてことも。

梅雨時期の宮古島は総じて天気は良くないですが、台風接近時に比べると降水量はかなり少ないです。

梅雨が一番暑い

体感として1年の中で宮古島が一番暑いのは、夏真っ盛りの7月、8月ではなく、梅雨の時期です。

梅雨入り前から宮古島では気温が30度近くまで上がります。7月、8月でも宮古島の最高気温は33度ほど。梅雨時期とそれほど変わりません。

気温に加え、暑さをもたらすのが湿度の高さ。梅雨時期の宮古島では湿度99%なんてことも普通にあります。

梅雨の宮古島は島全体が蒸し風呂状態。気温が高く、湿度が高く、風が吹かない。残念なことに不快要素が3拍子揃っています。体にまとわりつくようなしめった空気。じわじわ湧き出てくる汗。外から帰ってくるとすぐにシャワーを浴びたくなります。

梅雨入り前の4月はクーラーをつけずに耐えていても、5月入るとあまりに不快でクーラーなしではやっていけません。

梅雨時期はクーラーや除湿機が大活躍。洗濯物もなかなか乾かないので、密室に洗濯物を干して除湿機の衣類乾燥機能でなんとか洋服を乾かしています。

梅雨明け後も湿度が高い状態が続きますが、夏以降の宮古島は台風が接近するたびに気温が下がり、季節が進んで行きます。暑さのピークは梅雨時期の5月、梅雨明け直後の6月です。

5月・6月の服装

宮古島が梅雨入りしている5月、梅雨明け直後の6月の宮古島旅行。服装は夏と同じで大丈夫です。

外にいると洋服に触れている肌の全ての毛穴から汗がじわじわと噴き出てきます。

湿度が高いので、汗はだらだらとは出てくれません。じっとり、ねっとり、ゆっくり、じわじわと汗をかき続けます。とにかく不快。半袖以外はありえません。半袖で通気性のよい服装をオススメします。

宮古島の梅雨は、昼も夜も暑くて不快。パジャマも半袖半ズボンで大丈夫です。

天気の急変に注意

宮古島はとにかく天気予報があたらない島です。大海原の中にポツンとある離島なので仕方ないですが、天気予報は全くといっていいほど信用できません。

晴れ予報なのに雨だったり、雨予報なのに晴れたりすることは普通にあります。1日の中で、晴れ、曇り、雨、雷、晴れ、と天気がめまぐるしく変わることも多いです。

梅雨時期は晴れでも雨でも雷でも、暑くて不快なことに変わりはありません。どんな天気でも通気性の良い半袖がベスト。

梅雨時期に宮古島に旅行するなら、変わりやすく不快な島の天気を楽しむぐらいの気持ちでいる方が、気が楽です。

移住者としては、梅雨は本当に気持ちが滅入る時期。1年のうちで一番暑く、不快。早く梅雨明けしてほしいと毎日願っています。

旅行するなら梅雨前後

宮古島に旅行するなら梅雨入り前、梅雨入り後の時期がオススメ。

梅雨入り前の4月上旬、中旬は晴れの日が多いです。夏のような通り雨もありますが、梅雨のような不快感はありません。最高気温は25度ぐらい。真夏に比べると気温が低く快適です。海の美しさは、真夏に全く劣ることはありません。

梅雨明け後の6月中旬、下旬も雨が少なく旅行にオススメ。梅雨明け直後のこの時期は晴天率がとても高いです。宮古島で台風のリスクが一番高いのは7月~9月。よほど不運でなければ6月の旅行で台風に遭遇することはありません。トップシーズンからも外れて旅行代金が安いのも嬉しいポイントです。

まとめ

宮古島の梅雨入り、梅雨明けの時期。梅雨の気候、服装についてまとめました。

宮古島の梅雨は4月下旬から6月上旬まで。梅雨は1年で最も暑く不快な時期です。

宮古島への旅行を考えている皆様の参考になれば幸いです。

宮古島は秋がベストシーズン 観光客には10月がオススメ
10月に入り、やっと気温が下がってきた宮古島。 宮古島の夏は、毎日最高気温32度。最低気温27度。 これが6月~9月までずーっと続きます。 移住したての頃は、宮古島の夏が大好きでしたが、移住5年の今は、夏よりも秋の方が断然...
宮古島移住に失敗しないために~移住5年の今だから話せる島暮らしの現実~
私たち夫婦が宮古島に移住したのは5年前。当時は宮古島に対する全国的な関心度は今ほど高くなく、移住希望者もそれほどいませんでした。 それから5年。当時年間30万人台だった観光客は年間100万人を超え、移住者も増えつつあります。 南...